NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

厳正な資産管理体制の確立について

厳正な資産管理体制の確立について

平成18年12月21日
東日本高速道路株式会社

NEXCO東日本(東京都千代田区、代表取締役会長:八木 重二郎)は、平成18年9月20日、国土交通省道路局長より「厳正な資産管理体制の確立について」の注意・是正文書が交付されたことを厳粛に受け止め、今回の教訓を生かして、より的確に資産の評価や価額の算定ができるように、以下のとおり資産額を修正するとともに厳正な資産管理体制を確立していくこととしました。

なお、これらにつきましては、本日、国土交通省道路局長に報告しております。

1 資産額の修正

資産額の誤りについては、平成18年度中間期決算において適正に処理しました。

具体的な処理方法としては、会計監査人の見解を踏まえた上で、資本取引として「その他資本剰余金」に 3,754百万円を計上しています。また、資産額の修正に伴う平成17年度の減価償却費の修正については「特別利益」へ67百万円を、平成18年度の減価償却費については「減価償却費」へ△67百万円を計上しています。

2 資産管理体制の確立

資産額の誤りの原因は、日本道路公団が保有していた膨大な資産を独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(以下、機構という)と会社に分割し、さらに3会社に分割することと、公団時代の会計処理を改め、道路事業等を企業会計化するという前例のない作業を新しいシステムで短期間に行うに当り、これに十分習熟できていなかった社員が携わったためと考えております。

よって、弊社では、直ちに取り組める事項について下記のとおり実施し、同様のミスの再発防止を図りました。

  • (1)社員のスキルアップ等による体制の強化
    ・研修や講習会等の実施
  • (2)二重、三重となるチェック体制の確立と責任者の明確化
    ・支出金額との突合せによる資産数量及び資産価額のチェック
    ・固定資産管理責任者について再度明確化し、周知徹底

今後さらに、以下の事項についても取り組んでまいります。

  • (3)社員の継続研鑽等による体制の強化
    ・研修や講習会等について引き続き実施
    ・経理業務に精通した人材を確保するため中途採用の実施
  • (4)資産数量及び資産価額把握のための台帳の整備
    ・今回の資産額の修正を反映した固定資産簿の整備
    ・固定資産管理に関するマニュアルの整備

3 機構と会社の役割分担の明確化と連携強化

今後、完成した道路資産とこれに見合う負債を機構に引き渡す際及び借受道路資産の管理において、同様の誤りを生じないように、資産管理体制の整備・強化、役割分担の明確化、連携による資産価額及び数量把握の正確化等について「機構保有資産に係る厳正な資産管理体制の確立に関する確認書」を機構と取り交わしました。

以上の取り組みを確実に実行することにより、社員の習熟度を向上させ、資産の評価や価額の算定にミスを生じさせない厳正な資産管理体制を確立してまいります。今後は、より厳正な資産管理体制を確固たるものとするために、常に問題点の把握に努め、改善を図ってまいります。

なお、今回の措置と併せて、代表取締役社長 井上啓一は、報酬月額の10%を1ヶ月返上することとしました。また、担当役員並びに担当部門には、再発防止と今回の取り組みの徹底を行っております。