NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

「NEXCO東日本 第4回 新メニューコンテスト」決勝大会 実施結果について(速報)

「NEXCO東日本 第4回 新メニューコンテスト」決勝大会 実施結果について(速報)

平成22年2月25日
東日本高速道路株式会社
ネクセリア東日本株式会社

NEXCO東日本(東京都千代田区 代表取締役会長:八木 重二郎)は、2月25日(木)、学校法人香川栄養学園 香川栄養専門学校(東京都豊島区)にて、「NEXCO東日本 第4回 新メニュー コンテスト」決勝大会を開催しました。

NEXCO東日本のサービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)では、地域の名産品、地場で採れた野菜や、そこでしか食べられない地域の名物料理を提供するなど、各々の立地条件に応じた特徴あるサービスを目指しています。

今回の「NEXCO東日本 第4回 新メニューコンテスト」では、このようなSA・PAのレストラン48店舗が、「~地域の美味(うま)しもの再発掘!~ 心も体も元気なご当地メニュー」をテーマに地域色豊かな新メニューを開発し、東日本地域7ブロックの予選会を勝ち抜いた11店舗のシェフが優勝を目指して決勝大会で腕を競ったものです。

決勝大会では、審査委員長に陳建一さんをお迎えし、計9名の審査委員による審査の結果、グランプリは、宇都宮ブロック 那須高原SA(上り)のシェフ 渡辺 敬二さんの料理「高原(こうげん)の息吹(いぶき)~那須三銃士(なすさんじゅうし) 八汐(やしお)と共(とも)に~」に決定しました(決勝大会の参加メニューは次のとおり)。

なお、決勝大会の模様は、適宜ホームページ(http://contest.driveplaza.com/)でもお知らせいたします。

  写真 エリア名・料理長名/メニュー名・税込価格・内容((1)『元気』こだわりポイント、(2)ご当地ポイント)





「美味五感!!まえさわ」の写真

東北道 前沢SA(下)/高橋 弥

美味五感(びみごかん)!!まえさわ 1,300円

  • (1)ブランド牛の前沢牛をお客さま自身にも楽しんでいただけるよう、彩の良いご当地野菜と地場産業の南部鉄器の器を使用したビビンバを、テールスープをかけた瞬間の香りや食欲をそそる音とともに、前沢牛の肉の甘みや食感など、五感を使って食べることで元気を出していただきたいと思いました。また、ご当地産のはちみつ、牛乳、林檎ジュースなどを使用したデザートも含めて、前沢を味わい尽くしてほしいという意味も込めてネーミングしました。
  • (2)メインはやはり前沢牛。特に前沢牛のやまかけは昔から元気の出る食べ方と言われています。ご当地産の山芋をすりおろし、刺身で食べることができる上質の前沢牛と和えました。また、地元農家が生産した人参、ほうれん草、だいこんをはじめ、米、雑穀、ビタミン豊富なご当地産モロヘイヤ、ご当地産大豆の肉味噌、そして沿岸地方のホタテ、デザートに使用しているはちみつ、牛乳、林檎ジュースなど、陸と海のご当地食材を使用しています。
web大賞 「菜彩鶏とほうれん草の元気丼」の写真

東北道 岩手山SA(下)/小原 時夫

菜彩鶏(さいさいどり)とほうれん草の元気丼 1,100円

  • (1)別名ベジタリアン・チキンとも呼ばれ、安心な植物性飼料で育てられて肉にクセや臭みのない岩手県産「菜彩鶏」をメイン食材にしながら、漫画ポパイの元気の源でもあり八幡平市の特産品でもある「ほうれん草」を随所に取り入れ、お客さまに「ポパイ=ほうれん草=元気モリモリ」を連想していただこうと作ったメニューです。
  • (2)ご飯には、岩手県産の菜彩鶏モモ肉地元八幡平市産のほうれん草を、地みそを隠し味に使用したコクのあるオリジナル蒲焼風たれで焼いて乗せ、小鉢は地元特産品のほうれん草を練り込んだ寄せ豆腐に菜彩鶏のそぼろあんかけ、サラダは菜彩鶏の酒蒸しに遠野産わさびドレッシングを使用し、出し茶付けの薬味には安比清流わさび・わさび漬け・菜彩鶏の皮揚げとなっており、汁物は菜彩鶏の肉団子入りほうれん草ひっつみとなっております。





「伊達の鼓舞」の写真

東北道 長者原SA(上)/五十嵐 博文

伊達(だて)の鼓舞(まい) 1,280円

  • (1)「お客さまの元気」を引き出す為に、健康な体づくりに貢献したいと思い、豊富で安心なエリア付近でとれた地元食材(地産地消)にこだわりました。食材の一品一品に込められた素晴らしい栄養効果を引き出し、美味しく作りました。「楽しく、さりげなく」召し上がっていただきたいです。
  • (2)黒毛和牛スネ肉の煮込みは、4時間、地元野菜と赤ワインで煮ています。魚介類のポトフは、地元野菜と南三陸の食材を使用し、やさしい味に仕上げました。手巻き寿司は、塩釜と女川の食材に地元大崎の野菜を使用し、ワサビ菜等手作りならではの味わいを出しました。漢方サラダと豆腐のムースは、栗原市一迫産の漢方堆肥土壌で栽培された(無農薬栽培)「ベビーリーフ」と大崎産豆腐を使用しました。デザートは、地元産烏骨鶏卵で作ったプリンとロールケーキで、「元気」を味わい下さい。
特別審査委員賞 「伊達なあ・ら・か・る・と」の写真

東北道 長者原SA(下)/庄司 英孝

伊達(だて)なあ・ら・か・る・と 1,200円

  • (1)「元気=健康 健康=元気」を観点に、無菌豚の伊達ざくらポークと地元新鮮野菜のしゃぶしゃぶを食欲がそそるカレー味にしました。女性に今人気のコラ-ゲン入り!!健康に役立つ食材を通して皆様が健康で元気な生活を送れますようにご提供いたします。
  • (2)岩出山産無菌豚伊達ざくらポ-クと地元野菜を使用し、健康と美容に良いと言われるコラーゲンボール入りのカレ-味のしゃぶしゃぶです。ご飯は「鳴子のゆきむすび」、うどんは出山米粉の「ごっつおめん」、前菜にはミヤギシロメ大豆の豆腐、米粉のラスク、みそ汁には宮城県産しじみを使用しました。全ての食材で地元産を使用しております。






「愛彩膳・美雅」の写真

東北道 蓮田SA(下)/尾澤 長八

愛彩膳(あいさいぜん)・美雅(びが) 1,380円

  • (1)元気といえば焼肉!和牛と豚肉のダブルトップをより多くの老若男女に親しんでいただくために独自の創意工夫を図り、心身ともにリフレッシュできるメニューを目指しました。ニンニクの黒こしょう焼き(和牛)と韓国風つけだれ焼き(自然豚)。2つのバランス良い味付けをぜひともご賞味下さい。
  • (2)「肉のきめが細かく、サシが良く入り、風味がある」と好評な、大変貴重な銘柄牛である深谷牛を使用しました。また、自然豚は、独自の研究開発によりつくられた、乳酸菌による発酵飼料を与えて成長させ、抗生物質を一切与えずに飼育した豚を使用しました。
グランプリ 「高原の息吹~那須三銃士 八汐と共に~」の写真

東北道 那須高原SA(上)/渡辺 敬二

高原(こうげん)の息吹(いぶき)~那須三銃士(なすさんじゅうし) 八汐(やしお)と共(とも)に~ 1,260円

  • (1)地元・地域生産者が、丹精込め作り上げた食材のみを厳選し、使用いたしました。生産者の『笑顔』が、安全・安心の食材マークです。全て地元産にこだわった食材の中でも、牛・豚・鶏の三種の肉類は、使用部位に工夫をこらし、バランス良く組み合わせました。
  • (2)栃木県北に位置する那須高原の地域は、自然の豊かさから酪農・畜産・農業が盛んであり、多くのブランド食材を生み出す宝庫であります。茶臼岳を臨み、豊かな牧草地としても名高い那須高原は、良質な牛・豚・鶏の生産が盛んに行われています。





「赤城山・華かご盛」の写真

関越道 赤城高原SA(下)/服部 恭三郎

赤城山(あかぎやま)・華(はな)かご盛(もり) 1,480円

  • (1)ビタミンBが豊富な上州豚は疲労回復に効き、また、新鮮野菜・根菜・胡麻・りんごヨーグルトなど約25品目の食材を小鉢にバランス良く盛り付けることにより、見た目以上にボリュームのある心も身体も元気になる一品です。
  • (2)地産地消をテーマに、素材は県産の上州豚を主菜に、昭和村の農家に古くから伝わる手法で作った田舎味噌や、群馬の気候と大地の恵みに育まれた新鮮野菜を使った地元のだんご汁を添えました。








「常陸~奥久慈のPOWER(源)友愛元気膳」の写真

常磐道 友部SA(上)/菅沼 眞二

常陸(ひたち)~奥久慈(おくくじ)のPOWER(源(みなもと)) 友愛元気膳(ゆうあいげんきぜん) 1,450円

  • (1)元気をテーマに、地元のパワーを取り入れました。茨城は自然豊かな食材の宝庫。中でも、雄大な自然の中で、農家の人達が手塩にかけて育て上げた茨城の銘柄牛「常陸牛」を取り入れました。
  • (2)茨城産のアイスプラント、豚舌、常陸牛、奥久慈卵などを使用。常陸秋そばと県産小麦粉(絹の波)のひもかわを、ローズポークのベーコンとソーセージで採ったカレー風味のポトフでお召し上がり下さい。
特別審査委員賞 「『イライラ解消疲労回復』房州の『心と身体にやさしい』御膳」の写真

京葉道路 Pasar幕張(上) 房州濱乃屋/佐藤 道雄

『イライラ解消 疲労回復』房州(ぼうしゅう)の『心(こころ)と身体(からだ)にやさしい』御膳(ごぜん) 1,490円

  • (1)京葉道路を「安全に安心して運転して欲しい」そんな想いが込められた商品をご提案いたします。食材の組み合わせにこだわり、「精神安定、イライラ解消」につながる栄養成分が豊富に含まれるといわれるメニューに仕上げました。
  • (2)千葉県の大地、海の恵みをたっぷり味わっていただけるよう、たくさんの千葉県産食材を使用しています。中でも、特殊な肥育方法で肥育した「千葉県産いももち豚」を使った『千葉県産いももち豚の葱ロール』は是非ご賞味いただきたい一品です。豊富な栄養素はさることながら、甘くて旨みの強いジューシーな味わいが口の中いっぱいに広がります。また、収穫量日本一を誇る「千葉県産落花生」を使ったメニューもおすすめです。コクと風味が最高で、特にあっさりした甘みが特徴の「千葉県産落花生」は、料理に良く合う食材の一つです。





特別審査委員賞 「七色の日、『躍膳』」の写真

北陸道 米山SA(下)/堀内 一郎

七色(ないろ)の日、『躍膳(やくぜん)』 1,280円

  • (1)平成19年7月16日に発生した中越沖地震では、救援に駆けつけてくれた自衛隊や各方面のボランティアなど、全国各地の皆様から復興に向けての「元気」をたくさん頂戴いたしました。今でも炊き出しで頂いた、あったかい「おにぎり」の美味しさは忘れられません。ようやく復興も一段落し、今度は不景気で元気の無い世の中に、柏崎から感謝を込め、逆に「元気」を発信する気持ちでメニューを作りました!七色(ないろ)=7/16の意味です。
  • (2)新潟の元気と言えば「米」。新潟産・コシヒカリを使い、炊き出しに見立てた「おにぎり」、地元の鯛の「押し寿し」、もち米がメインの「飯蒸(いいむし)」の3種類が楽しめ、魚沼産「黄金米」(もち米)を使用した「飯蒸」は、新しい食感が楽しめます。また、新潟県人でもなかなか口にできない超高級魚「のどぐろ」の焼き物を添え、焼きネギ・セルバチコを新潟牛で巻き酢味噌で召し上がっていただきます。吸い物は新潟・中之島蓮根を摩り下ろして作った「蓮根しんじょ」の食感をアクセントに、デザートは新潟が誇るフルーツ、洋梨「ル・レクチェ」のプリンです。品数は多くありませんが、山海の食材が豊富な新潟県産を多用しながら、美味しさを最大限引き出せるよう調理し、『元気』『安全』『美味しさ』を感じていただきたいと思います。





「浅間(あさま)のいたずら」の写真

上信越道 横川SA(上)/高庭 治道

浅間(あさま)のいたずら 1,260円

  • (1)肉・野菜・きのこをふんだんに入れた熱々の石焼きで、ソースを掛けたときの大きな音と湯気で力強さを表現しました。おなかも心も元気いっぱいになるボリュームたっぷりのメニューです。
  • (2)上州もち豚「はるなうめそだち」鶏などのブランド食材を使用。全国2位の生産量を誇る群馬の「梅」。特に地元の西上州には「ぐんま三大梅林」(秋間、榛名、箕郷)があり、特産物です。「はるなうめそだち」鶏は、梅干しの下漬け段階で出る梅酢やヤシ油を餌に混ぜることで、肉の赤味が増し、ヘルシーでダイエット効果が高くなりました。また、「良質な飼料」「良質な水」自然豊かな環境で育った上州もち豚は、肉質もきめ細かく、脂身も白く甘みのある良質な豚肉です。