NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

圏央道(八王子JCT~あきる野IC)開通より1年 開通効果とりまとめ

国道468号首都圏中央連絡自動車道(八王子JCT~あきる野IC)
開通より1年 開通効果とりまとめ

平成20年8月8日
国土交通省相武国道事務所
東日本高速道路株式会社 関東支社
中日本高速道路株式会社 東京支社

平成19年6月23日の圏央道(八王子JCT~あきる野IC)の開通から1年が経過しました。この度、開通の効果をとりまとめましたので、お知らせします。

  • 圏央道の利用交通量が19,700台/日から29,900台/日に約52%増加(青梅IC~入間IC)
    (大型車は、3,600台/日から7,200台/日に倍増)
  • 圏央道の八王子JCT~八王子西IC間を利用する交通(19,500台/日)の約4割が中央道~関越道を連続利用 (環状道路としての利用)
  • 周辺の生活道路でも大型車の交通量が減少
  • 圏央道と国道16号間の生活道路では、大型車が最大約25%減少
    (942台/日→704台/日に減少)
  • 並行する国道では大型車の交通量が減少
  • 国道16号 昭島市小荷田(こにた)交差点では、大型車が約14%減少
    (17,600台/日→15,100台/日に減少
  • 国道411号 八王子市丹木町(たんぎまち)三丁目交差点では、大型車が約22%減少
    (4,600台/日→3,600台/日に減少)
  • 圏央道の整備によりインターチェンジ周辺には企業の進出が進み、地域が活性化
  • 本資料のカラー版は、相武国道HPからダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。