NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT間)4車線化事業の概要

上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT間)4車線化事業の概要

2018.07

1 計画概要

  1. 路線名 関越自動車道上越線
  2. 区間
    自)長野県上水内郡信濃町大字野尻〔信濃町IC〕
    至)新潟県上越市大字中屋敷〔上越JCT〕
  3. 延長 37.5km(拡幅工事延長:24.7km)
  4. 車線数 4車線(暫定2車線区間の4車線化)
  5. 設計速度
    80km/h(信濃町IC~中郷IC間)
    100km/h(中郷IC~上越JCT間)
  6. 道路幅員
    20.5m(信濃町IC~中郷IC間)
    23.5m(中郷IC~上越JCT間)

2 工事等の概要

豪雪や地震に強い高速道路になるよう、これまでの施工実績や経験を活かしながら、十分な検討・対策を実施し、平成30年内に区間延長の約8割を完成させ、残りの2割は平成31年度中の完成を目指して4車線化事業を進めています。

完成目標 平成31年度

位置図

3 主な整備効果

暫定2車線区間の4車線化により、次の整備効果が期待されます。

安全・安心、快適、便利な高速道路へ
  1. 交通集中渋滞の緩和
    ・車線減少に伴う暫定2車線区間の渋滞解消 など
  2. 対向車線への飛び出し事故の防止
  3. 事故・故障車による通行止の軽減
  4. 冬期の円滑な交通確保
    ・大型車の登坂不能に伴う通行帯の確保 など
  5. 維持管理のしやすさ、機能向上
  6. 並行する一般国道18号等との連携強化

4 暫定2車線区間の供用年月日

信濃町IC~中郷IC間
平成9年10月16日
中郷IC~上越JCT間
平成11年10月30日

5 事業進捗の状況等

平成24年4月に4車線化事業の許可を受けて、平成26年度から本体工事に着手し、現在、5本新設するトンネルはすべて貫通し、20箇所新設する橋梁は下部工と呼ばれる部分(橋脚等)がすべて完成し、上部工と呼ばれる部分(橋桁等)に着手しています。さらに道路路面の舗装工事と、照明や非常用設備等の施設工事も展開中です。

上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT間)4車線化事業の現況

橋梁やトンネル、舗装、施設工事を全面展開中です

トンネル5本全て貫通し、トンネル設備やスノーシェルター工事を実施中です。

  • H30.6、金谷山トンネル坑内
  • H30.7、山川橋スノーシェルター

橋梁の上部工工事を進めています。

  • H30.6、れいめい橋
  • H30.7、太田切川橋
  • H30.7、矢代川橋
  • H30.6、滝寺第一橋

構造物や土工部の舗装工事にも順次着手しています。

  • H30.7、金谷山トンネル坑口
  • H30.6、宮内トンネル坑内

「じょうしんえつ絵画展」を開催し、優秀作品は事業広報看板として展示しています

上信越自動車道沿線の子どもたちが「ぼくの夢、わたしの夢」をテーマに絵画を描きました。

  • H29.12、絵画展表彰式
  • 優秀作品はパネルにして妙高SAのハイウェイ未来館へ展示しています

橋梁やトンネル工事などの現地見学会を開催しました

たくさんの方が現地見学会に参加しました。

  • H28.9、斐太北小学校 現場見学
  • H28.10、工事関係者親子 現場見学
  • H29.6、NPO女性みちみらい 現場視察
  • H29.7、妙高市役所 現場研修

式典・祈願祭を開催しました

トンネルの貫通に伴う貫通式及び舗装工事の着手に伴う安全祈願祭を行いました。

  • H27.10.21、金谷山トンネル貫通式
  • H29.8.28、舗装安全祈願祭

 上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT間)4車線化事業の計画概要

(位置図)
※拡幅工事の区間延長
上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT 間)4車線化事業の計画概要
(拡幅工事延長の内訳)
(単位:km)
区間 区間延長 拡幅工事
区間延長
土工 橋梁 トンネル 備考
信濃町IC~上越JCT 37.5 24.7 19.5 3.1 2.1 (新設)
トンネル5本、橋梁20橋
比率(%) - 100% 78.9% 12.6% 8.5%  
高速道路建設の流れ
  • 上信越自動車道は、当初建設時に将来車線の範囲まで高速道路用地を取得しています。
上信越自動車道(信濃町IC~上越JCT 間)4車線化事業の計画概要

 参考資料

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。