環保倡議

[環境政策](2007年7月制定)

NEXCO東日本將環境工作定位為重要的管理問題,並為維護全球環境和作為社會負責任成員的循環型社會做出了貢獻,並為沿途的居住環境和自然環境做出了努力。通過前進,我們的目標是成為一個受到社會信任的公司。

[環境行動指南](2021年1月修訂)

NEXCO東日本將根據其環境政策採取以下行動。

一世。環境保護工作

  1. 對防止全球變暖的貢獻
    • 我們將通過改善和加強高速公路網絡,通過採取措施防止交通擁堵來便利交通,以及改善斜坡上森林的安全性,為減少二氧化碳做出貢獻。
    • 我們的目標是到2050年實現二氧化碳零排放。
  2. 對建立循環型社會的貢獻
    • 通過促進3R(減少,重複利用,回收)和綠色採購,我們將為建立基於回收的社會做出貢獻。
  3. 減少環境負荷
    • 我們將在業務活動的各個階段遵守法律法規,並努力減少環境負擔。
    • 我們將努力建立綠色基礎設施,以實現可持續發展的社會。
    • 我們將努力減少對自然環境的影響,以便為保護生物多樣性環境做出貢獻。
    • 我們將努力減少對路邊生活環境的影響。

Ⅱ。技術開發

  • 為了有助於可持續有效地預防全球變暖,建立循環型社會並減少環境影響,我們將努力利用現有技術並開發新技術。

三,環境管理舉措

  1. 環境管理
    • 通過每年分析和評估環境保護狀況,我們將持續有效地開展工作。
    • 我們按照ISO14001進行環境管理管理。
  2. 溝通交流
    • NEXCO東日本報告”中發布環境管理的成果,與社會進行交流。
    • 我們將與當地人民,當地政府和國家合作開展社會和環境活動。
  3. 員工培訓
    • 通過員工教育,我們將進一步提高員工對環境的意識,並培養企業文化。

[ISO14001]

 NEXCO東日本は、健全かつ効果的な環境マネジメント経営を実施するためISO14001を取得。環境活動に関するPDCAサイクルを回すことで、全社的に環境活動を管理しています。

ISO14001註冊證書照片
  • ISO14001
    ISO14001(環境)は、1996年にISO(国際標準化機構)から発行された環境に関する国際規格で、環境マネジメントシステム導入の指針を示すものです。この規格では、環境影響の向上のため、環境対応プロセスの継続的改善を図ることを目的とし、PDCAに基づく環境対応の枠組み(マネジメントシステム)を構築、運用することが求められています。

【環境への取り組み事例】

採用具有出色節能和能見度的照明

 トンネル内の照明を従来の「高圧ナトリウムランプ」から、「LEDランプ」に変更することで、視認性の向上を図るとともに省エネにも貢献しています。これまで301カ所のトンネルに設置し、2019年度は新たに28カ所のトンネルでLEDランプを設置しています。これまでに実施したLEDランプへの変更による使用電力量の削減は年間約3,700万kwh(CO2削減年間約2.0万トン)と推計されます。
 また、トンネル照明だけでなく道路の照明にもLEDを導入するなど、更なる電力削減に向けた取組みも行っています。

高壓鈉燈照片
高壓鈉燈
LED隧道燈的照片
LED隧道燈

減少對路邊生活環境的影響

為了減少對路邊環境的影響,我們正在通過安裝隔音牆和維護環境設施區域等措施採取噪聲對策.2019財年,我們安裝了約3 km的隔音牆,安裝總長度約為1,080。是公里。

安裝在外環路上的隔音牆的照片(三鄉Minami IC-Takaya JCT)
在外環路上安裝了隔音牆(三鄉Minami IC-Takaya JCT)

有助於防止全球變暖的森林形成

 高速道路敷地内では、2019年度までに約3,700haもの面積に植樹を行ってきました。これらの樹林によるCO2の吸収・固定効果は年間約3.9万トンと推計されます。
 NEXCO東日本は、これらの樹林を含むグリーンインフラを適正に管理しています。

初始種植情況照片
初期播種情況
老年綠地經營狀況照片
老年綠地管理狀況

減少對自然環境的影響

我們開展生態道路維護活動和生態經驗學習,並與當地人合作開展綠化活動和生物群落保護工作。

給小學生的生物群落解釋照片(圏央道Akiruno IC附近)
向小學生講解生物群落(在圏央道秋留野IC附近)

環境友好型的推廣“生態國米®”和“生態區®”

在IC和SA / PA中,在積極引入節能電氣設備的基礎上,採取措施提高建築物的製冷和供熱效率,並開發利用太陽能等可再生能源的“環保”設施。正在進行中。

< ecointer®維護示例>

ecoインター®の整備事例のイメージ画像

<環保區的維護實例® >

ecoエリア®の整備事例のイメージ画像