NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

ETCパーソナルカードの発行について

ETCパーソナルカードの発行について

平成17年11月28日
東日本高速道路株式会社
首都高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社
阪神高速道路株式会社
本州四国連絡高速道路株式会社

東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社の6社は、新たなETCカードを共同で発行することとし、受付を29日から開始しますのでお知らせします。

1 ETCパーソナルカードの特徴

「ETCパーソナルカード」は、クレジットカード契約をしないお客様にもETCをお使いいただけるよう6社が共同して発行するETCカードで、有料道路の通行料金のお支払いに限定されたカードです。

お申込みにあたっては、ご本人名義の郵便局の通常貯金口座をお持ちで、あらかじめ保証金(デポジット)を預託していただけることが主な条件となります。

ETCパーソナルカードでご利用いただいた通行料金は、お客様の郵便貯金口座から1ヶ月単位で引落しします。(デポジットは、あくまでもETCパーソナルカード発行にあたっての保証金であり、毎月の利用額を差し引く前払金ではありません。)

なお、カードの運営に要する費用の一部を賄うため、カード1枚あたり1,200円(税込み)の年会費をいただきます。

2 預託していただくデポジット額

お申込みの際に、利用見込月額(有料道路の月平均利用額)と、年間最高利用月額(年間で有料道路を最も多くご利用される月の金額)をご申告いただきます。

利用見込月額を5千円単位で切り上げた額(1万円未満の場合は1万円とします)を4倍した額と、年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額とを比較し、いずれか高い額をデポジットとして預託していただきます。

カード発行後は、実際のご利用実績に応じてデポジットの増額をお願いすることがあります。

デポジットの計算例:利用見込月額が3,500円※1、年間最高利用月額が48,000円※2の場合
※1 3,500円 → 10,000円×4=40,000円
※2 48,000円 → 60,000円
この場合、預託していただくデポジット額は60,000円となります
  • デポジット額をはじめとする本サービスの内容については、今後1年程度の間試行し、その結果により大幅に見直しされることがあります。
  • お申し込みから引落までの流れ」など、詳細につきましては別紙をご参照ください。

別紙:個別の契約にかかる営業活動の自粛について(お願い)

1 お手続きの流れ
(1)お申込み方法
(2)カードご利用から引落しまでの流れ
2 適用となる主な割引

ETCパーソナルカードでETCをご利用いただくことにより、ETCマイレージサービス、深夜割引、通勤割引、早朝夜間割引など、クレジットカード会社が発行するETCカードでご利用した場合と同様の割引が受けられます。

  • ETC前払割引サービスにはご登録いただけません。
  • ETCマイレージサービスのご利用には、別途ご登録が必要です。ご登録の詳細については、専用ホームページ(http://www.smile-etc.jp/外部リンク:別ウィンドウ表示)をご覧ください。
  • 各割引の詳細は各社のホームページをご覧ください。
    東日本高速道路株式会社 「ドラなび」 http://www.nexco.ne.jp/
    中日本高速道路株式会社
    西日本高速道路株式会社
    首都高速道路株式会社 http://www.shutoko.jp/外部リンク:別ウィンドウ表示
    阪神高速道路株式会社 http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/外部リンク:別ウィンドウ表示
    本州四国連絡高速道路株式会社 http://www.jb-honshi.co.jp/外部リンク:別ウィンドウ表示
3 ご利用の停止

次の場合にはご利用を停止させていただくことがあります。

  • 月初からのご利用額の累計がデポジットを超える場合
  • ご利用額の引落しが出来なかった場合
  • ご利用実績に応じたデポジットの増額に応じていただけない場合

詳細につきましては、「ETCパーソナルカード利用規約【PDF:190KB】PDFへリンク」(別添)をご覧ください。

ご利用を停止させていただいた場合には、ETC利用時にETCパーソナルカードをご利用されても料金所の開閉バーが開きません。現金等別の支払方法によりご通行いただくことになります。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。