NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

ごあいさつ

ceo写真

NEXCO東日本グループは、新潟県および長野県の一部を含む関東以北から北海道までの高速道路の管理運営事業、建設事業、サービスエリア事業および高速道路関連ビジネスを行っています。

当グループが管理運営する高速道路は約3,850km、一日当たり約280万台のお客さまにご利用いただいており、時速100kmの高速道路空間をいつでも安全・安心・快適・便利にご利用いただけるよう、高速道路のプロ集団として24時間、365日、細心の注意を払って管理運営しています。

高速道路という公共インフラ事業を担うNEXCO東日本グループの基本となる社会的使命は、「安全・安心・快適・便利な高速道路サービスをお届けすること」、「元気な地域社会づくりに貢献すること」、「緊急時・災害時には、命の道としてしっかりとお役に立つこと」の3つです。

一つ目の「安全・安心・快適・便利な高速道路サービスをお届けすること」を確実に果たすために、NEXCO東日本グループの社員は一丸となって、24時間365日、細心の注意を払いながら事業を運営しています。さらに、これからの高速道路に、「愉しさ」と「美しさ」を加えるために、高速道路の景観整備や休憩施設の改良を行い、お客さまに愉しんでいただける高速道路サービスをお届けしてまいります。

二つ目の「元気な地域社会づくりに貢献すること」を実現するために、NEXCO東日本グループは、これまでも高速道路ネットワークの整備や休憩施設における地域特産品の販売など、地域連携の強化に努めてまいりました。今日、「地域創生」が提唱されている状況を踏まえ、休憩施設を地域の皆さまが集う賑わいのある場所にすることや、地域とともに観光振興を推進することなどにより、地域の活性化に向け、より一層貢献してまいります。

三つ目の「緊急時・災害時には、命の道としてしっかりとお役に立つこと」は、NEXCO東日本グループに期待されている重要な役割であり、災害発生時には、被災者の皆さまの避難、自衛隊・警察・消防などによる救助・支援物資の輸送のために適切に道路を使用していただけますよう、常日頃から心構えし、訓練を積んでまいります。

NEXCO東日本グループは、これらの社会的使命を着実に果たしながら、高速道路に対する皆さまのご期待に応え、持続可能な社会づくりに取り組んでまいります。

今後とも、皆さまのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。