NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

沿革

沿革

2000年

2000年
12月1日
行政改革大綱 閣議決定
2000年
12月19日
特殊法人等整理合理化計画 閣議決定

2001年

2001年
6月21日
特殊法人等改革基本法 公布

2002年

2002年
12月6日
道路関係四公団民営化推進委員会 意見書提出
2002年
12月17日
道路関係四公団、国際拠点空港及び政策金融機関の改革について閣議決定

2003年

2003年
12月22日
道路関係四公団民営化に関する政府・与党協議会(道路関係四公団民営化の基本枠組みについて)
2003年
12月25日
第1回国土開発幹線自動車道建設会議(新直轄方式に係る整備計画等の変更等)

2004年

2004年
6月9日
道路関係四公団民営化関係法 公布

2005年

2005年
9月21日
創立総会
2005年
10月1日
東日本高速道路株式会社 発足

2006年

2006年
2月7日
第2回国土開発幹線自動車道建設会議(新直轄方式に係る整備計画等の変更等)
2006年
2月10日
当社が新設及び改築を行うべき高速道路の指定(国土交通大臣)
2006年
3月31日
独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構との新協定締結
高速道路事業の事業許可(国土交通大臣)
2006年
4月1日
ブランドネームを「NEXCO東日本」とする
ネクセリア東日本株式会社 事業開始
2006年
4月20日
フリーマガジン「Highway Walker」(株式会社角川クロスメディアとタイアップ)発行
2006年
6月29日
第1回定時株主総会を開催
2006年
10月26日
NEXCO東日本中期経営計画(2006~2010)を策定
2006年
10月31日
ドライブ旅行ポータルサイト「E-NEXCOドライブプラザ」開設
2006年
12月26日
会員カード「E-NEXCO pass」発行

2007年

2007年
3月1日
お客さまセンターを開設
2007年
6月28日
第2回定時株主総会を開催

2008年

2008年
1月24日
矢本石巻道路 無料解放
2008年
3月20日
京葉道路 幕張PA(下り線)に「Pasar幕張」オープン
2008年
6月26日
第3回定時株主総会を開催
2008年
7月18日
圏央道 狭山PAオープン
2008年
7月24日
東北道 佐野SAに「E-NEXCO LODGE 佐野SA店(運営:旅籠屋)」オープン
2008年
7月30日
京葉道路 幕張PA(上り)に「Pasar幕張」オープン

2009年

2009年
3月28日
休日特別割引(地方上限1000円)等の開始
2009年
3月29日
東北道 黒磯板室IC 開通
2009年
10月22日
「インド事務所」開設

2010年

2010年
4月13日
横浜横須賀道路 横須賀PA「エコPA」にリニューアルオープン
2010年
5月31日
「インド事務所」開所式及び社員常駐による業務開始
2010年
6月30日
関越道 寄居(上り線)に「寄居 星の王子さまPA」オープン
2010年
12月18日
東北道 大衡IC開通

2011年

2011年
2月1日
NEXCO中日本、NEXCO西日本、首都高速道路と共同で「海外事業新会社設立準備室」設置
2011年
3月19日
北関東道 太田桐生IC~佐野田沼IC(18.6km)開通【全線開通】
2011年
3月26日
中部横断道 佐久小諸JCT~小諸御影料金所間(延長0.5km)開通(佐久小諸JCT~佐久南IC(8.5km)開通[直轄区間])
2011年
5月29日
圏央道 白岡菖蒲IC~久喜白岡JCT(3.3km)開通
2011年
6月8日
一般国道468号 首都圏中央連絡自動車道(久喜白岡JCT~つくば中央IC、稲敷IC~大栄JCT(仮))の有料事業許可(国土交通大臣)
2011年
9月1日
NEXCO中日本、NEXCO西日本、首都高速道路及び阪神高速道路と共同で「日本高速道路インターナショナル株式会社」設立
2011年
9月28日
NEXCO東日本グループ中期経営計画(2011~2013年
度)を策定
2011年
10月29日
道東道 夕張IC~占冠IC(34.5km)開通
2011年
11月26日
道央道 森IC~落部IC(20.2km)開通

2012年

2012年
2月1日
イオンクレジットサービス(株)とクレジットカードで提携(2011年
9月22日)、「イオン E-NEXCO pass カード」発行
2012年
3月24日
日東道 鶴岡JCT料金所~鶴岡JCT間(延長1.5km)開通(あつみ温泉IC~鶴岡JCT(25.8km)開通[直轄区間])
2012年
4月8日
常磐道 南相馬IC~相馬IC(14.4km)開通
2012年
4月20日
上信越道・館山道・三陸道4車線化、東京外環道等の有料道路事業許可(国土交通大臣)
2012年
11月10日
道央道 大沼公園IC~森IC(9.7km)開通
2012年
12月1日
仙台東部道路 仙台港IC開通

2013年

2013年
8月3日
道央道 新千歳空港IC開通
2013年
9月20日
東関東道 谷津船橋IC開通
2013年
11月30日
秋田道 小坂JCT料金所~小坂JCT(延長0.5km)開通(大舘北IC~小坂JCT(16.1km)開通[直轄区間])
2013年
12月19日
東北道 羽生PA(上り線)に2カ所目となるテーマ型パーキングエリア「鬼平江戸処」オープン
2013年
12月22日
仙台北部道路 富谷JCT~富谷IC(1.7km)開通

2014年

2014年
3月29日
八戸道 八戸JCT開通
2014年
4月12日
圏央道 稲敷IC~神崎IC(10.6km)開通
2014年
3月27日
NEXCO東日本グループ『長期ビジョン2025』及び『中期経営計画(平成26~28年度)』を策定
2014年
7月11日
圏央道 江戸崎PAオープン
2014年
12月6日
常磐道 浪江IC~南相馬IC(18.4km)、相馬IC~山元IC(23.3km)開通
2014年
12月6日
常磐道 鳥の海PAオープン

2015年

2015年
2月21日
常磐道 南相馬鹿島SAオープン
2015年
3月1日
常磐道 常磐富岡IC~浪江IC(14.3km)開通【全線開通】
2015年
3月1日
常磐道 ならはPAオープン
2015年
3月29日
圏央道 久喜白岡JCT~境古河IC(19.6km)開通
2015年
6月7日
圏央道 神崎IC~大栄JCT(9.7km)開通
2015年
10月31日
圏央道 桶川北本IC~白岡菖蒲IC(10.8km)開通

2016年

2016年
3月27日
仙塩道路 仙台港北IC~利府中IC(4車線化完成)
2016年
9月11日
東中道 福島JCT~福島大笹生IC(1.4km)開通

2017年

2017年
2月26日
圏央道 境古河IC~つくば中央IC(28.5km)開通
2017年
3月30日
NEXCO東日本グループ中期経営計画(平成29~32年度)を策定

2018年

2018年
2月3日
東関東道 鉾田IC~茨城空港北IC(8.8km)開通
2018年
6月2日
東京外環道 三郷南IC~高谷JCT(15.5km)開通
  • 高速道路の新規開通及び4車線化工事の完成については、こちらをご覧ください。
A.D. Main events
1956
Establishment of the Japan Highway Public Corporation
▲ Establishment of the Japan Highway Public Corporation
Establishment of the Japan Highway Public Corporation (April 16).
During a period of rapid economic growth, the Japan Highway Public Corporation is established as a solution for improving road development due to the mounting dependence on motor vehicle transportation.
1963 The first expressway in Japan, Meishin Expressway (section between Amagasaki and Ritto) is opened.
The traffic management patrol squad is launched.
1969 Tomei Expressway is fully opened.
1972 Toll pooling system is introduced.
1976 The logistics base (truck terminal), as an expressway-related business, is completed.
1979 Toll collection using a magnetic card system is started.
1985 outbound Kan-etsu Tunnel is opened.
1992 Gaikan Expressway (section between Bijyogi and Misato)is opened.
1997
Opening of Tokyo-Wan Aqua-Line
▲ Opening of Tokyo-Wan Aqua-Line
Tokyo-Wan Aqua-Line is opened.
2000 ETC system is introduced.
2004
Niigata Prefecture Chuetsu Earthquake
▲ Niigata Prefecture Chuetsu Earthquake
Niigata Prefecture Chuetsu Earthquake occurs.
2005
Establishment of East Nippon Expressway Company Limited
▲ Establishment of East Nippon Expressway Company Limited
Establishment of the East Nippon Expressway Company Limited (October 1)
Under the Act on Expressway Companies, the company is established due to the division and privatization of the former Japan Highway Public Corporation as a company that builds and manages expressways and highways with access control, etc. in eastern Japan.
2006 The brand name, NEXCO East, is chosen.
The free magazine "Highway Walker" is founded.
The member card E-NEXCO Pass is issued.
The portal site, "Drive Plaza (DoRaPuRa)," is established.
2007 The customer center is established.
New employees enter the company for the first time since privatization.
2008
Opening of Pasar Makuhari
▲ Opening of Pasar Makuhari
Pasar Makuhari at Makuhari rest area on the Keiyo Road is opened.
E-NEXCO LODGE Sano rest area is opened.
2009 Holiday special toll discounts (the maximum toll of 1,000 JPY in local areas), etc. are introduced.
2010 Former Yokosuka Parking Area on Yokohama-Yokosuka Road reopens as an eco rest area after restoration.
India Liaison Office is established
2011
Great East Japan Earthquake
▲ Great East Japan Earthquake
Great East Japan Earthquake occurs (March 11)
Kita-Kanto Expressway is fully opened.
The system of the road traffic control center of the Tohoku Regional Head Office is changed into a new highly reliable system.
Doto Expressway (section between Yubari IC and Shimukappu IC) is opened.
2012
Groundbreaking of Gaikan Expressway (section between Kan-etsu and Tomei)
▲ Groundbreaking of Gaikan Expressway (section between Kan-etsu and Tomei)
Tohoku reconstruction and sightseeing assistance campaign: Sales of Dora-Wari (toll discount ticket),
"Tohoku Reconstruction and Sightseeing Assistant Pass".
Groundbreaking ceremony of Gaikan Expressway (section between Kan-estu and Tomei) is held.
Rest areas become emergency operation bases. Field exercises are conducted.
2013 Ken-O Road (section between Togane JCT and Kisarazu-higashi IC) is opened.
Upgrading road maintenance methods using the Smart Maintenance Highway (SMH) concept is promoted.
Onihei-Edo-Dokoro at Hanyu rest area (inbound) on Tohoku Expressway is opened.
2014 Hachinohe JCT on the Hachinohe Expressway is opened.
Ken-O Road (section between Inashiki IC and Kozaki IC) is opened.
NEXCO East Group formulated its "Long-term Vision 2025" and "Mid-term Management Plan (FY2014-16)."
Joban Expressway (sections between Namie IC and Minamisoma IC, and Soma IC and Yamamoto IC), are opened.
2015 Joban Expressway (section between Joban-Tomioka IC and Namie IC) is opened. (full opening of Joban Expressway)
Ken-O Road (sections between Kuki-Shiraoka JCT and Sakai-Koga IC, Kozaki IC and Taiei JCT, Okegawa-Kitamoto IC and Shiraoka-Shobu IC) is opened.
2016
Commencement of Expressway Renewal Project
▲ Commencement of Expressway Renewal Project
Renewal Project for widespread renewals and repairs is commenced
The traffic control center of Kanto Regional Head Office is renewed to provide it with optimum quake-resistance capacity and advanced traffic system
Toll structure in the Tokyo Metropolitan area becomes seamless
Development of YASMOCCA business is started
2017 Ken-O Road (section between Sakaikoga IC and Tsukuba-chuo IC) is opened.
NEXCO East Group formulated its "Mid-term Management Plan(FY2017-20)."
2018 Higashi-Kanto Expressway (section between Hokota IC and Ibarakikuko-kita IC) is opened.
Gaikan Expressway(section between Misato-minamiIC and KoyaJCT)is opend.