NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

NEXCO東日本 『どら(道楽)弁当』の販売を開始します

NEXCO東日本 『どら(道楽)弁当』の販売を開始します
- 旅行ジャーナリスト 小林しのぶさんが監修、シリーズ化! -

平成19年6月28日
東日本高速道路株式会社
ネクセリア東日本株式会社

NEXCO東日本(東京都千代田区、代表取締役会長:八木重二郎)では、『どら(道楽)弁当』の販売を開始します。

『どら弁当』は、旅行ジャーナリスト 小林しのぶさんの監修のもと、地産地消をテーマに、お手頃・お手軽に郷土の味を楽しめるお弁当です。

その第1弾として、『笠間いなり』と『ますの寿し かにの寿し』の販売を開始し(※)、これも含め今年度内に7~8種類程度の販売を開始します。

『どら弁当』の販売は、地域の特性や立地条件に応じて特徴あるサービスエリア・パーキングエリア(個性化)を目指す『華づくり』の一環です。

  • 両商品とも数量限定、『ますの寿し かにの寿し』は土日祝のみの販売となります。
どら弁当 【「どら(道楽)弁当」のコンセプト】
  • 地域を代表する特産物、食材を使用
  • 500円~1,000円程度のお手頃な価格
  • ドライブ()とともに、お手軽にしめる
この3つのコンセプトに適うものとして、旅行ジャーナリストとして活躍する小林しのぶさんが監修し、おすすめするものです。
 
  • 笠間いなり
    笠間いなり
  • ますの寿し かにの寿し
    ますの寿し かにの寿し
    7月14日(土)販売開始
以下、続々と準備中

『笠間いなり』 こだわりいなり5個入り

笠間いなり こだわりいなり5個入り
・販売価格

550円(税込み)

・販売箇所

常磐道 友部SA(上下)[茨城県笠間市]

・弁当の内容
【いなりの種類】
  1. 笠間産ヤーコンいなり
  2. 笠間産季節のきのこいなり(現在は舞茸)
  3. 笠間産旬菜(菊とからし菜)いなり
  4. 茨城ブランド豚肉(ローズポーク)いなり
  5. 茨城産カリカリ梅とひじきのいなり
【漬物】
  • 自家製のおいしい漬物(大根等各種)
【小林しのぶさんコメント】

地場産の野菜やキノコをたっぷり盛り込んだ笠間のいなり寿司です。車中で、アウトドアで、楽しくお召し上がりください。

  • 数量限定につき、なくなり次第当日分の販売を終了させていただきます。

『笠間いなり弁当』 こだわりいなり5個とたっぷりおかず入り

笠間いなり こだわりいなり5個とたっぷりおかず入り
・販売価格

840円(税込み)

・販売箇所

常磐道 友部SA(上下)[茨城県笠間市]

・弁当の内容
【いなり】
  • 『笠間いなり』と同様
【おかずの種類】
  • つくばどりの塩焼き
  • こだわりの厚焼き玉子(笠間産の和鶏玉子)
  • 地元やさいの五品目(なす、しいたけ、たけのこ、にんじん、ふき)
  • 奥久慈名物『こんにゃく田楽』(青唐辛子味噌)
  • 地元の『里芋の田楽』(ゆず味噌)
【漬物】
  • 自家製のおいしい漬物(大根等各種)
【小林しのぶさんコメント】

地場産の野菜やキノコをたっぷり盛り込んだ笠間のいなり寿司に、バリエーション豊かなおかずを詰め込みました。車中で、アウトドアで、楽しくお召し上がりください。

  • 数量限定につき、なくなり次第当日分の販売を終了させていただきます。

『ますの寿し かにの寿し』

  • ますの寿し かにの寿し6貫入り
    ますの寿し かにの寿し6貫入り
  • ますの寿し かにの寿し4貫入り
    ますの寿し かにの寿し4貫入り
・販売価格
6貫入り 980円(税込み)
4貫入り 680円(税込み)
・販売箇所
北陸道 黒埼PA(上下)[新潟県新潟]
磐越道 阿賀野川SA(上下)[新潟県阿賀(あが)町]
・弁当の内容

富山名産「ますの寿し」と日本海の幸「紅ずわいがにの寿し」を使用した棒状の押し寿し。一口サイズにカットして包装していますので、場所もとらずに車内でもワンハンドで手軽にお召し上がりいただけます。

【小林しのぶさんコメント】

2種類の寿司を少しずつ食べたいときにお勧めです!

食べやすいように1カンずつ切ってあるので、車中でも、アウトドアでも、片手でパクリ。脂ののったマスと磯の香り豊かなカニのハーモニーが楽しいですよ。

  • 土日祝日に販売、数量限定につき、なくなり次第当日分の販売を終了させていただきます。
小林しのぶさん 【小林しのぶさんプロフィール】
  • 旅行ジャーナリスト、駅弁愛好家
  • 年間150日以上を旅に費やし、4,000個以上の駅弁を食破
  • 『「駅弁」知る、食べる、選ぶ』(JTBパブリッシング)、『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)などの著書のほか、日経新聞空弁ランキングの選定など、弁当の専門家として幅広く活躍