NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

3月20日 横浜横須賀道路 全線開通!

3月20日 横浜横須賀道路 全線開通!
~ 佐原~馬堀海岸間が完成し、海へ直結! ~

平成21年1月22日
東日本高速道路株式会社

NEXCO東日本(東京都千代田区、代表取締役会長:八木重二郎)が建設を進めてきた、横浜横須賀道路の佐原インターチェンジ(IC)から馬堀海岸IC間(延長4.3km)が3月20日(金・祝)に開通します。

今回の開通により、横浜横須賀道路は、昭和54年に日野~朝比奈間が開通して以来、約30年の歳月を経て、全線開通[狩場~馬堀海岸間:約37km(うち金沢支線:4.2kmを含む)]します。

開通区間/
佐原(さはら)IC (横須賀市佐原(よこすかしさはら))から
馬堀海岸(まぼりかいがん)IC (横須賀市(よこすかし)馬堀海岸(まぼりかいがん))
延長:4.3km
開通日時/
平成21年3月20日(金・春分の日)15時00分
事業費/
約 750億円
開通式典/
会場、式典内容については、別途お知らせします。

佐原IC~馬堀海岸IC間の開通効果

  • 横浜中心部から観音崎までの旅行時間が短縮され、約45分となります。
  • 繁忙期やピーク時間帯の混雑時には、旅行時間が大幅に短縮します。
  • 周辺道路や並行する一般国道16号の混雑解消と交通事故の減少が期待されます。
  • 観音崎公園、横須賀美術館など、周辺の人気観光スポットへのアクセスがスムーズになり、来場者の増加が期待されます。
  • 海岸沿いで、台風などの影響を受けやすい一般国道16号の代替路として機能し、災害に強い道路ネットワークが構築されます。
このほか
  • 交通の流れがスムーズになることで、年間約55億円の経済効果が期待されます。
  • CO2が年間約2万トン削減するなど、沿道環境の改善が期待されます。

料金表

【浦賀IC・馬堀海岸ICから各ICまでの通行料金】
浦賀IC・馬堀海岸ICから狩場IC、別所IC、日野IC、港南台IC、金沢自然公園IC、並木IC・	堀口能見台IC、朝比奈IC、逗子IC、横須賀IC、衣笠ICまでの通行料金
  • 浦賀IC・馬堀海岸ICのどちらのICをご利用いただいても同一の料金になります。
  • ETC早朝夜間割引は、22時~翌6時までの間に入口料金所または出口料金所を通過した場合に、通行料金が約50%割引になります。
  • 支払方法 通行料金のお支払方法は、現金のほか、ETCカード、クレジットカードがご利用になれます。なお、ETC時間帯割引は入口ICをETC無線通信により走行した場合に適用になります。
  • 今回開通区間の料金所位置
本線料金所位置図
  • 佐原・浦賀・馬堀海岸の各ICは、横浜方面からの出口と、横浜方面への入り口だけがあるハーフICです。
  • 浦賀・馬堀海岸ICに、料金所は設置していません。佐原IC~浦賀IC間に設置している本線料金所をご利用ください。なお、ETC時間帯割引は、本線料金所の通過時刻を入り口料金所(もしくは出口料金所)の通過時刻として取扱います。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。