NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

『どら弁当』春の新作『香り豚のニ段重ね弁当』を
発売!

『どら(道楽)弁当(べんとう)』春の新作『香(かお)り豚(ぶた)のニ段重(にだんかさ)ね弁当』を発売!
~埼玉県唯一のSPF豚「香り豚」を使用した"どら弁当"が三芳PA(下り)に新登場~

平成26年5月30日
東日本高速道路株式会社
ネクセリア東日本株式会社

どら(道楽)弁当

NEXCO東日本(東京都千代田区)は、5月31日(土)から『どら(道楽)弁当』シリーズの春の新作『香り豚の二段重ね弁当』(777円:税込)を三芳PA(下り)において発売します。

この『どら弁当』のメイン食材である埼玉県産の『香り豚』は、ジューシーで柔らかく旨みがたっぷり。付け合わせには、埼玉県産の玉蒟蒻煮と、香ばしく焼き上げた長ネギ、そして蒸かしサツマイモ煮を盛り込み、お肉と野菜の旨みを堪能できるお弁当となっています。

ぜひ、行楽や旅行のお供に、新作のどら弁当をご賞味ください。

香り豚の二段重ね弁当

 「香り豚の二段重ね弁当」

販売価格 777円(税込)
販売日 5月31日(土)より土日祝日の限定販売
販売箇所 関越道 三芳PA(下り線) [埼玉県三芳町]
弁当の内容
メニュー 主な食材 産地
香り豚ロース焼き 香り豚 埼玉県加須市(松村牧場産)
玉蒟蒻煮 蒟蒻 埼玉県産
長ネギ焼き(味噌ダレ) 長ねぎ 国産
サツマイモ煮(醤油バター風味) サツマイモ 国産
刻みしゃくし菜漬け炒め しゃくし菜 埼玉県産
ご飯 米(コシヒカリ) 新潟県産
ご紹介

『香り豚』は、埼玉県内で唯一SPF豚を生産している松村牧場で飼育された豚です。SPF豚とは、レベルの高い管理技術をもった農場で飼育され、安全・安心・美味しさを追求した豚です。
その『香り豚』のロース肉を使用し、ジューシーで甘みがあり、冷めても柔らかい食感を堪能していただくために、味付けはシンプルにしました。『香り豚』は二段重ねに敷き詰め、食べ応えもあります。

また、副菜には、醤油でうすく味付けした埼玉県産の玉蒟蒻、香ばしく焼いた長ネギに味噌ダレをかけ、長ネギの甘味を引き立たせました。

蒸かしたサツマイモは、鰹だし、醤油、バターで煮付けたことにより、煮物にもデザートにもなる絶妙な味付けに仕上げました。

新潟県産コシヒカリを使用した、刻みしゃくし菜漬け炒めの混ぜご飯は、『香り豚』のロース肉とも相性抜群です。『香り豚の二段重ね弁当』をぜひご賞味ください。

駅弁愛好家 小林しのぶさんコメント

小林しのぶ刻みしゃくし菜漬け炒めを混ぜ込んだご飯と香り豚のロースがミルフィーユ状に交互に詰められ、それはそれは美しく贅沢な弁当。香り豚はやわらかく肉のうまみがたっぷり。付け合わせの焼きネギ、醤油バター風味のサツマイモ煮まで手抜きは一切なし!何度でもリピートして食べたくなる優れた味です。


どら弁当 【「どら(道楽)弁当」のコンセプト】
  • 地域を代表する特産物、食材を使用
  • 500円~1,000円程度のお手頃な価格
  • ドライブ()とともに、お手軽にしめる
この3つのコンセプトに適うものとして、旅行ジャーナリストとして活躍する小林しのぶさんが監修し、おすすめするものです。
「どら弁当」シリーズの詳細は、「ドラぷら」の専用ページ外部リンク:別ウィンドウ表示をご参照ください。

【小林しのぶさんプロフィール】
  • 千葉県生まれ、旅行ジャーナリスト、駅弁愛好家。
  • 年間150日以上を旅に費やし、4,000個以上の駅弁を食破。
  • 『「駅弁」知る、食べる、選ぶ』(JTBパブリッシング)、『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)などの著書のほか、日経新聞空弁ランキングの選定など、弁当の専門家として幅広く活躍。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。