NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

道央自動車道 輪厚スマートインターチェンジ開通後1年間の利用状況

道央自動車道 輪厚スマートインターチェンジ開通後1年間の利用状況
~ おかげさまで、たくさんのお客さまにご利用を頂いております ~

平成22年7月30日
輪厚スマートインターチェンジ地区協議会事務局
(北広島市企画財政部都市計画課)
東日本高速道路株式会社北海道支社

【お知らせ内容】

平成21年6月29日に営業を開始した北海道では初となる「輪厚(わっつ)スマートインターチェンジ(IC)」の開通後1年間の利用状況等についてお知らせします。

輪厚スマートICの利用状況

  • 開通後1年間の日平均出入交通量は1,115台で、累計40万台を超えるご利用を頂いております。(交通量はH21.7.1からH22.6.30でとりまとめ)
  • 消防活動や救急搬送にも利用されております。
輪厚スマートIC出入交通量の推移、計画交通量:1,100台/日、実績平均交通量:1,115台/日

ご利用頂いているお客さまの声

「職場が夕張なので、毎日の通勤で高速道路を使っています。今までは恵庭ICから夕張ICまで乗っていましたが、輪厚スマートICができたので、通勤時間も短くなってとても便利になりました。」(北広島市内在住の方)

周辺観光等施設の声

「お店をオープンして以来、毎年の伸びは1.1倍程度であったが、輪厚スマートICが開通してから半年で、昨年度比1.3倍、夏季だけで見ると1.5倍に伸びた。」(食品加工・販売業の方)

「施設のすぐ近くに輪厚スマートICができて、お客さまにとって、非常に便利が良くなった。景気が低迷している中、施設利用者数が伸びたことは輪厚スマートICの効果かもしれない。」(観光施設営業の方)