NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

道東自動車道(夕張IC~占冠IC間)新規開通に伴う交通状況についてお知らせします

道東自動車道(夕張IC~占冠IC間)新規開通に伴う交通状況についてお知らせします

平成24年6月7日
北海道開発局
東日本高速道路株式会社
北海道支社

平成23年10月29日(土)15時に開通した道東自動車道(夕張IC~占冠IC)の開通後6ヵ月とゴールデンウィーク(GW)期間中の利用交通状況をとりまとめましたのでお知らせします。

【概要】
1 開通事業の概要

(1)新規開通区間 …… 夕張IC~占冠IC 34.5㎞
(2)開通日時 …… 平成23年10月29日(土)15時
(3)車線数 …… 暫定2車線

2 交通状況 ※交通量はトラフィックカウンターによる概数値
  • 別紙【PDF:129KB】PDFへリンクのとおり
    開通後6ヵ月「11月1日(火)~4月30日(月)」の交通状況
    GW期間中「4月27日(金)~5月6日(日)」の交通状況
  • 開通後6ヵ月の日平均交通量
    夕張IC~むかわ穂別ICでは、道東自動車道と国道の合計交通量が126%に増加
    トマムIC~十勝清水ICでは、道東自動車道と国道の合計交通量が113%に増加
  • 道東自動車道を利用する交通の割合
    夕張IC~むかわ穂別ICでは、7割程度が道東自動車道を利用
    トマムIC~十勝清水ICでは、3~4割程度から4~5割程度に増加
  • GW期間中の日平均交通量も、同様の傾向を示しています。

開通後は道央圏と道東圏を行き交う交通が増加しました。道東自動車道を利用する交通の割合も増加しています。

なお、現段階でとりまとめた開通効果についても合わせてお知らせします。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。