NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

年末年始時期における高速道路の交通状況【北海道版】

年末年始時期における高速道路の交通状況【北海道版】
平成24年12月26日(水)~平成25年1月6日(日):12日間
[比較対象は、前年の平成23年12月26日(月)~平成24年1月6日(金):12日間]

平成25年1月7日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、年末年始時期における北海道内の高速道路の交通状況について、次のとおり取りまとめました。

1 期間中のご利用台数と平均交通量

(1)ご利用台数
  • 期間中の道内の高速道路全体のご利用台数は、1日当たり平均約127千台となり、昨年度と比較してほぼ同等のご利用台数となりました。
  • 道央自動車道は雪等による通行止めの影響もあり昨年度と同等、札樽自動車道と道東自動車道は2~3%増加のご利用台数となりました。
  • 期間中のご利用動向は、曜日配列と1月3日(木)に大雪による道央自動車道の長時間通行止めの影響がみられますが、概ね昨年度と同じ傾向でした。
【1日当たりのご利用台数】
※利用台数は料金所出口等で取り扱った台数となります。
  今年度 昨年度 対前年比
高速道路計 127,458 126,351 101%
道央自動車道 80,117 79,820 100%
札樽自動車道 40,582 39,973 102%
道東自動車道 6,759 6,558 103%
ご利用台数
(2)主な区間の日平均交通量
  • 道央自動車道 深川~旭川鷹栖間は1月3日(木)の雪等に伴う通行止めの影響により、前年度より減少となりましたが、その他の区間では昨年度と比較して4%~13%増加しました。
  • 期間中の交通量の推移は、曜日の影響により12月28日~12月30日、1月4日~1月6日で前年度より若干増加しましたが、概ね前年と同じ傾向で推移しました。
(台/日)
道路名 区 間 今年度
(1)
前年度
※(2)
対前年比
(1)/(2)
備 考
道央自動車道 深川~旭川鷹栖 7,300 8,500 86%  
恵庭~北広島 32,500 30,800 106%  
国縫~長万部 3,300 3,000 110%  
札樽自動車道 朝里~銭函 12,400 11,900 104%  
道東自動車道 千歳東~追分町 5,300 4,700 113%  
夕張~むかわ穂別 5,900 5,200 113%  
むかわ穂別~占冠 5,900 5,300 111%  
トマム~十勝清水 6,100 5,600 109%  
  • 交通量はトラフィックカウンター[道路に備え付けられている交通量(概数)の自動計測装置]による速報値
【期間中の交通量の推移】
(1)深川IC~旭川鷹栖IC 日別交通量
(1)深川IC~旭川鷹栖IC 日別交通量
(2)恵庭IC~北広島IC 日別交通量
(2)恵庭IC~北広島IC 日別交通量
(3)トマムIC~十勝清水IC 日別交通量
(3)トマムIC~十勝清水IC 日別交通量

2 混雑状況

  • 期間中は前年度より降雪が多い個所が多く、1km以上の渋滞の発生は14回と前年度(3回)に比べ大幅に増加しました。
  • 最も長かった渋滞は、12月27日(木)に札樽自動車道 小樽方向 伏古インター出口を先頭としたもので、ピーク時(9時16分頃)の渋滞延長は7.3kmとなりました。
降雪等の影響により除雪等作業の回数が増加しています。ご迷惑をおかけしていますが、高速道路の安全な通行のためご理解、ご協力をお願いします。
【渋滞回数】
渋滞延長 今年度 前年度 対前年度比
1~5kmの渋滞 12回 3回 +9回
5km以上の渋滞 2回 0回 +2回
合計 14回 3回 +11回
【渋滞場所】
  道路名 渋滞発生箇所 渋滞日時(ピーク) 渋滞延長 渋滞原因
1 札樽道 伏古IC出口(小樽方向) 12月27日(木)9:16頃 7.3㎞ 出口渋滞
2 札樽道 伏古IC出口(小樽方向) 12月27日(木)18:53頃 5.3㎞ 出口渋滞
3 道東道 占冠TN西側坑口付近(帯広方向) 12月30日(日)15:21頃 4.0㎞ 除雪等作業に伴う交通集中
※ICはインターチェンジ、TNはトンネルを表します。