NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

高速道路は冬道の体制に入ります

高速道路は冬道の体制に入ります

平成25年10月11日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)では、10月16日から翌年の4月30日までを雪氷対策期間と位置づけ、気象、道路状況の把握、除雪作業などのため、総勢約1,000名の人員と約300台の車両にて24時間体制で安全な交通確保に努めます。

今冬期もNEXCO東日本グループが一丸となった雪氷対策作業の実施に向け、「高速道路雪氷対策出陣式」を開催しますので、併せてお知らせします。

事務所名 開催日時 開催場所 参加車両・人員
【概数】
室蘭管理事務所 10月16日(水)
10:00~10:30
室蘭インター内
雪氷作業基地
40台、80名
苫小牧管理事務所 10月16日(水)
11:00~12:00
苫小牧西インター内
雪氷作業基地
20台、40名
札幌管理事務所 10月18日(金)
9:30~10:30
北広島インター内
雪氷作業基地
40台、70名
岩見沢管理事務所 10月16日(水)
10:30~11:00
岩見沢インター内
雪氷作業基地
20台、40名
旭川管理事務所 10月16日(水)
11:00~11:30
旭川鷹栖インター内
雪氷作業基地
20台、60名
帯広管理事務所 10月16日(水)
10:00~11:30
音更帯広インター内
雪氷作業基地
20台、50名
合計 160台、340名

1 冬の高速道路を安全・快適にご利用いただくために

冬の高速道路では夏期に比べ冬期の事故発生件数が約3倍となり、例年、初冬の11月頃から 事故が急増します。冬期間、高速道路をご利用されるお客さまにおいては、気象や路面状況に応じた、安全運転でのご利用をお願いします。また、冬タイヤ装着など早めの冬装備をお願いします。

【参照 別紙-1【PDF:1.2MB】PDFへリンク

冬の高速道路を安全・快適にご利用いただくために

2 昨年の降雪状況

平成24年度の高速道路の累計降雪量は過去5年で最大を記録し、累計平均で495cmとなりました。道内の中で特に多かった地域は金山トンネルの1,061cm、次いで常盤トンネルの952cmでした。この降雪に対する除雪作業の総距離は約49万kmに及び、地球約12周分に相当します。

【参照 別紙-2【PDF:762KB】PDFへリンク

昨年の降雪状況

3 雪氷対策作業の流れ

NEXCO東日本北海道支社では、高速道路の雪による通行止めや交通規制を最小限にするため、24時間体制で雪氷作業を行っています。お客さまにおいては、雪氷作業へのご理解とご協力をお願いします。

【参照 別紙-3【PDF:461KB】PDFへリンク

4 雪氷対策の取組み(雪氷ITS)

NEXCO東日本北海道支社では、(1)当社巡回車や高速バスにWEBカメラを搭載し、ドライバー目線による視程状況、(2)除雪作業車にGPSを搭載し、その信号による作業進捗の把握、(3)高速道路の降積雪量を10分毎に自動計測する技術など、雪氷ITSを活用し、リアルタイムな情報収集を行い北海道の厳しい気象状況や変化に的確に応じた雪氷作業を行っています。

【参照 別紙-4【PDF:488KB】PDFへリンク

別添資料
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。