NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

北海道内の高速道路での料金精算機運用開始のお知らせ

北海道内の高速道路での料金精算機運用開始のお知らせ

平成28年7月22日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)では、道央自動車道の恵庭インターチェンジ(IC)、登別室蘭IC及び伊達ICで、道内では初めてとなる料金精算機の運用を開始しますのでお知らせします。

1 料金精算機の導入箇所

IC名 運用開始日時
恵庭IC 平成28年8月22日(月)11:00
登別室蘭IC
伊達IC 平成28年9月16日(金)11:00
※道東自動車道占冠ICでも、平成29年夏頃に運用開始を予定しております。
料金精算機の導入箇所

2 料金精算機導入の目的

料金精算機は、これまで係員が対応してお客さまからの通行料金をお預かりしていたものを自動化し、お客さまご自身で機械を操作して、料金をお支払い頂くものです。

昨今の少子高齢化の進行により、一部の都市部を除き全道的に料金所係員の人材確保が困難になりつつあることから、お客さまの高速道路利用機会の確保を図ることを目的に、料金精算機を導入し、係員による収受業務について機械化を行います。

3 料金精算機の利用方法

別添チラシ【PDF:603KB】PDFへリンクをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。