NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

東北自動車道 岩槻ICランプ(仙台方面流入) 夜間
通行止め(1夜間)のお知らせ

東北自動車道 岩槻ICランプ(仙台方面流入) 夜間通行止め(1夜間)のお知らせ
5月19日 20時から翌朝5時まで
~舗装補修工事を行います~

平成26年4月18日
東日本高速道路株式会社
加須管理事務所

NEXCO東日本 加須管理事務所(埼玉県加須市)では、東北自動車道 岩槻インターチェンジ(IC)の仙台方面流入ランプで舗装補修工事を行うため、5月19日(月)20時から翌朝5時までの間、夜間通行止め(1夜間)を実施します。

夜間通行止めについて皆さまのご理解とご協力をお願いします。

1 夜間通行止め個所及び日時

(1)夜間通行止め個所

東北自動車道 岩槻IC 仙台方面への流入ランプ

夜間通行止め個所
(2)日時

平成26年5月19日(月) 夜20時から翌朝5時まで(1夜間 9時間)

日時
  • 荒天時は、翌日以降の同時刻に順延します。この通行止めの実施判断は、実施当日の夕方17時に行います。

2 迂回路

東北道(下り線)仙台方面のご利用は、迂回路として国道122号線や主要地方道さいたま栗橋線を経由して、久喜ICから流入をお願いします。(迂回延長:約15km)

迂回路

この迂回で、東北道を利用頂いた場合と比較し、所要時間が20分程度長くなりますので、時間にゆとりをもってお出かけください。

迂回路図につきましては(別紙-1【PDF:349KB】PDFへリンク)も参照下さい。

3 工事概要

東北自動車道 岩槻ICランプは舗装の劣化が進行しているため、舗装の補修工事を実施します。

この工事は、道路の幅が狭い箇所を対象に、「舗装の撤去、舗装の敷設」等を一連の作業として行うため、流入ランプを通行止めして作業を行う必要があります。

そのため、お客さまへの影響が極力少なくなるよう、交通量が少ない夜間に通行止めを行い、工事を集中的かつ効率的に実施します。

お客さまに安全・快適にご利用いただくため、ご理解とご協力をお願いします。

舗装補修工事 舗装補修工事
舗装路面の損傷箇所の補修を行い、走行性・安全性・快適性の向上を図ります。

5 交通情報の入手方法について

(1)通行止めのご案内
  • 予告看板、ポスターなどを周辺のIC、休憩施設に掲示します。
  • 横断幕を東北道の跨道橋に掲示します。
(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報
  • NEXCO東日本お客さまセンター
    ナビダイヤル:0570-024-024 (24時間オペレーターが対応)
    TEL:03-5338-7524 (PHS、IP電話のお客さま)
  • NEXCO東日本ホームページ「ドラぷら」
    中段にある「地域情報 関東エリア」から、「南関東の交通規制情報」をご覧ください。
    http://www.e-nexco.co.jp/road_info/const_notice/minamikanto_const_limit/
  • NEXCO東日本道路交通情報サイト 「ドラとら」
    【PC】 http://www.drivetraffic.jp/外部リンク:別ウィンドウ表示
    【携帯】 http://m.drivetraffic.com/
  • 日本道路交通情報センター(JARTIC)の道路交通情報
    全国共通ダイヤル 050-3369-6666(携帯短縮ダイヤル#8011)
    ※全国どこからでも最寄りの情報センターに接続します。
    ※PHS、IP電話など一部の電話からはご利用できません。
    全国・関東甲信越情報 050-3369-6600
    インターネット http://www.jartic.or.jp/外部リンク:別ウィンドウ表示
  • ハイウェイテレホン(5分毎に更新される最新情報を24時間提供)
    岩槻局 043-758-1620
    宇都宮局 028-665-1620
    (携帯電話・PHS短縮ダイヤル#8162)
(3)走行中に入手できる道路交通情報
  • 可変道路情報板
  • ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
    ハイウェイラジオを放送している区間は、高速道路上の標識によりご案内しております。
  • ハイウェイ情報ターミナル
    SA・PAに設置されているモニター画面などにより、広域の道路情報を分かりやすくお知らせしています。
※ツイッターの公式アカウント「NEXCO東日本(関東)」(@e_nexco_kanto外部リンク:別ウィンドウ表示)でも情報を配信しています。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。