NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

6月7日に開通した圏央道 神崎IC~大栄JCT間
について、開通区間の交通量速報と現れはじめた
ストック効果をお知らせします。

6月7日に開通した圏央道 神崎IC~大栄JCT間について、開通区間の交通量速報と現れはじめたストック効果をお知らせします。
~つながる。まわる。圏央道。~ 国際競争力と成長を支える道路

平成27年6月24日
国土交通省
東日本高速道路株式会社

  • 常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上しています。 (別添1)【PDF:809KB】PDFへリンク
    神崎IC~大栄JCT:約8,400台/日※1
    稲敷東IC~神崎IC:約9,300台/日※1(対前年同週比272%増)
  • 沿線道の駅(発酵の里こうざき)では、来場者も2割増加し、地域の観光・レジャー需要にも寄与 (別添2)【PDF:822KB】PDFへリンク
  • 精密機械などの輸送に時間短縮効果(企業活動を効率化) (別添3)【PDF:631KB】PDFへリンク
    つくば市の企業から朝日森運輸株式会社(成田市)まで 約90分→約50分
    精密機器の輸送において、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能に

今後もこれから発現していくストック効果を随時発表していきます。

※1 平成27年6月8日(月)~6月14日(日)の日交通量の平均値

 圏央道 神崎IC~大栄JCT間の開通後1週間の交通量

日付 日別交通量※2 備考 天候※3
神崎IC~下総IC間 下総IC~大栄JCT間
6月7日(日) 4,300台 4,400台 17時開通(7時間交通量) 晴れ
6月8日(月) 8,000台 8,000台 24時間交通量 晴れ
6月9日(火) 6,900台 6,800台 曇り
6月10日(水) 8,200台 8,200台 晴れ
6月11日(木) 7,800台 7,700台 晴れ
6月12日(金) 8,000台 7,900台 曇り
6月13日(土) 10,300台 10,300台 晴れ
6月14日(日) 9,900台 10,000台 晴れ
6月15日(月) 7,400台 7,500台 晴れ
  • 2 交通量はETC車以外も含む全車種合計の本線交通量(トラフィックカウンター[道路に備え付けられている交通量(概数)の自動計測装置]による速報値)
  • 3 天候は香取市の昼の天気概況を記載(気象庁ホームページより)

※ストック効果:整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期的に得られる効果

 参考資料

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。