NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「桶川北本IC~
白岡菖蒲IC」間の一部区間における工事の再開及び、
開通の見通しについてお知らせします。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「桶川北本IC~白岡菖蒲IC」間の一部区間における工事の再開及び、開通の見通しについてお知らせします。

平成27年7月9日
国土交通省 関東地方整備局
大宮国道事務所
東日本高速道路(株) 関東支社
さいたま工事事務所

国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路株式会社が共同で事業を進めている国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の桶川北本IC~白岡菖蒲IC間については、平成27年度の開通を目指して整備を進めているところです。

埼玉県内の圏央道の沿線においては、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく国内希少野生動植物に指定されているオオタカの生息が確認されていることから、専門家に指導助言を仰ぎながら、事業を進めています。

桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の沿線において、オオタカの繁殖を示す行動が確認されたことから、一部区間の工事を3月9日より一時中止しております。この度、専門家からの指導助言を踏まえ、繁殖に影響する敏感な時期を過ぎたことから7月10日(金)より環境に配慮しながら工事を再開しますのでお知らせします。

この工事の再開により、現在工事工程を精査しているところですが、平成27年11月末までに開通できる見通しとなりましたのでお知らせいたします。

今後も、一日も早い開通に向け、最大限努力してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 路線概要

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から半径およそ40km~60kmの位置に計画された、延長約300kmの高規格幹線道路で、横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの都市を連絡し、東京湾アクアライン、東京外かく環状道路などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成する首都圏3環状道路の、一番外側に位置する環状道路です。

首都圏の道路交通の円滑化、沿線都市間の連絡強化、地域づくり支援、災害時の代替路としての機能など多くの役割を担います。

 区間概要

路線名:
国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
区間延長:
10.8km(桶川北本IC~白岡菖蒲IC間)
車線数:
4車線
連絡予定施設:
桶川北本IC 国道17号(上尾道路)
桶川加納IC (主)川越栗橋線
白岡菖蒲IC 国道122号バイパス
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。