NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

年末年始期間における高速道路の交通状況
(新潟県内)( 速 報 )

年末年始期間における高速道路の交通状況(新潟県内)( 速 報 )
平成27年12月26日(土)~平成28年1月4日(月) 10日間
(平成26年度 比較期間 :平成26年12月26日(金)~平成27年1月4日(日) 10日間)

平成28年1月5日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)は、年末年始期間の交通状況を取りまとめました。

 交通状況の概要

  1. 主な区間の日平均交通量の対前年比では、約3%増加しました。
  2. 交通量の下り線のピークは12月30日(水)、上り線のピークは1月3日(日)でした。
  3. 5km以上の渋滞回数は2回でした(前年度は0回)。
  4. 期間中に発生した最大の渋滞は、関越道(下り線)湯沢IC~水上ICで12月30日(水)に発生した交通集中を要因とするもので、最大渋滞長は 『6.6km』でした。

1 期間中の主な区間※1の日平均交通量※2 (台/日)

道路名 区間 平成27年度
A
平成26年度
B
前年比
A/B
北陸道 巻潟東IC~新潟西IC 33,600 32,600 103%
上越IC~柿崎IC 14,100 13,600 104%
親不知IC~糸魚川IC 13,600 13,000 105%
関越道 小千谷IC~長岡IC 16,400 16,200 101%
水上IC ~ 湯沢IC 23,800 23,100 103%
磐越道 新津西スマートIC~新潟中央JCT 7,300 6,800 107%
津川IC~三川IC 6,800 6,500 105%
上信越道 上越高田IC~上越JCT 9,900 9,600 103%
信濃町IC~妙高高原IC 12,400 12,600 98%
日本海東北道 中条IC~荒川胎内IC 7,200 7,400 97%
上記の10区間の単純平均による日交通量 14,500 14,100 103%
「IC:インターチェンジ」 ,「JCT:ジャンクション」
  • 1:県境及び主要都市近傍のインターチェンジ区間
  • 2:交通量は交通量計測機器によるものであり、若干の機械誤差があります。

 【参考】平成27年度と平成26年度の年末年始期間の曜日配列

平成27年度と平成26年度の年末年始期間の曜日配列

2 混雑状況

平成27年度 年末年始期間の渋滞発生状況(最大渋滞長 5km以上):計2回発生

ワースト 上下線 道路名 渋滞日時(ピーク) 渋滞発生箇所 最大渋滞長 渋滞要因
1 関越道 12月30日(水) 9:47頃 湯沢IC付近 6.6km 交通集中
2 関越道 12月29日(火) 8:37頃 湯沢IC付近 5.1km 交通集中

3 参考資料(別紙)

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。