NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞の予測について【新潟県版】

ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞の予測について【新潟県版】

~ 渋滞長のピークは、下り線で5月4日(金)、上り線で5月5日(土)と予測 ~

平成30年4月3日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)は、ゴールデンウィーク期間[4月27日(金)~5月6日(日):10日間]の新潟支社管内における高速道路での交通集中による渋滞予測と対策をとりまとめました。

1 渋滞予測とご利用日・時間帯変更による分散利用のお願い

  • NEXCO東日本 新潟支社管内の高速道路では、3km以上の渋滞を予測しています。
  • ご出発の計画は、予測される渋滞発生のピーク日からずらす、または渋滞が比較的少ない夜間から早朝の時間帯にずらすなど、渋滞を避けたご利用をお願いします。
NEXCO東日本 新潟支社管内の各高速道路において最も長い渋滞の予測
道路名 上下線 渋滞ピーク日時 ピーク時
渋滞長
渋滞発生個所
北陸道 下り線 5月3日(木) 9時頃 3km 新潟中央IC付近
上信越道 下り線 5月4日(金)17時頃 10km 観音平TN付近
上り線 5月5日(土)17時頃 7km 妙高SA付近
NEXCO東日本 新潟支社管内の北陸道(上り線)、関越道、磐越道、日本海東北道では、交通集中による3km以上の渋滞の予測はありません。
上記以外の全ての渋滞予測は、別紙1【PDF:84KB】PDFへリンクをご確認ください。
NEXCO東日本 新潟支社管内の3km以上の渋滞予測回数
上下線の合計 12回(4月27日~5月6日)
  • 下り線
  • 上り線
(参考)昨年実績との比較
渋滞規模 (1)平成30年予測 (2)平成29年実績 ※1 差 ((1)-(2))
合計 下り線 上り線 合計 下り線 上り線 合計 下り線 上り線
3km以上の
渋滞回数
12 8 4 9 6 3 +3 +2 +1
※1 平成29年実績は、平成29年4月28日(金)~5月7日(日)の10日間を集計
(事故などの影響による渋滞を含む)

事故や天候の影響などによっても渋滞状況は大きく変わりますので、出発前に最新の道路交通情報をご確認いただき、時間にゆとりを持ってお出かけください。
道路交通情報の入手方法については、別紙4【PDF:753KB】PDFへリンクをご確認ください。

2 交通混雑対策の取組み

(1) 本線上での対策

今回の渋滞予測及び過去の交通混雑の状況などを踏まえて、次に示す取り組みを実施します。

  • 上り坂等での速度低下注意喚起対策※1
    上り坂等での速度低下注意喚起対策※1
  • 渋滞後尾への追突注意喚起対策
    渋滞後尾への追突注意喚起対策
  • 1:上り坂など一時的に速度が低下する区間では、車間距離が縮まり、ブレーキをかける車両による渋滞が発生するため、LED標識による速度回復情報の提供を行います。
(2)サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)での対策

ゴールデンウィークなど過去の交通混雑期間において、大型車の駐車マスに小型車が停車してしまい、大型車のお客さまにご迷惑をお掛けしたことを踏まえまして、次に示す大型車駐車マスの確保を実施します。

  • SA・PAでの駐車場整理員の配置
    SA・PAでの駐車場整理員の配置
  • 大型車駐車マスの確保
    大型車駐車マスの確保

3 休憩施設の営業時間延長

ゴールデンウィーク期間は、通常の営業時間を拡大し、お客さまのご来店をお待ちしております。 なお、休憩施設により営業時間が異なりますので、ご注意願います。(別紙5【PDF:175KB】PDFへリンクをご確認ください)

4 ETC休日割引の適用について

ゴールデンウィーク期間で、ETC休日割引(地方部)の3割引が適用されるのは、4月28日(土)~30日(月)、5月3日(木)~6日(日)です。

5 お客さまへの安全運転のお願い

NEXCO東日本 新潟支社が管理する高速道路では、今年1月から3月までに35件の死傷事故が発生しており、昨年1~3月の26件よりも増加しています。(NEXCO東日本調べ・速報値)

ゴールデンウィーク期間に高速道路をご利用されるお客様が安全に走行できるように、今一度ご出発前に別紙6【PDF:721B】PDFへリンクをご確認の上、ゆとりを持った運転をお願いします。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。