NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

関越自動車道 阿能川橋からのコンクリート片落下に
ついて

関越自動車道 阿能川(あのうがわ)橋からのコンクリート片落下に
ついて

2013年4月8日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

NEXCO東日本 新潟支社(新潟市中央区)が管理する関越自動車道 阿能川(あのうがわ)橋において、コンクリート片が落下する事象が発生しました。これによるけが人や物損等の被害は確認されておりません。

現在、当該橋梁と交差する町道の交通規制を行い緊急点検を行っております。近隣の皆さまには、ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

1 発見の経緯

近隣住民の方より、コンクリート片が落下していたことを平成25年4月4日に現地を巡回していた当社グループ社員に連絡があり、4月6日に当該橋梁のものと確認したものです。

2 発生場所

関越自動車道の水上インターチェンジから湯沢インターチェンジ間にある
阿能川橋(あのうがわばし)
(上り線 145.5kp付近 開通年月日 昭和63年11月28日)
住所:群馬県利根郡みなかみ町阿能川字三ノ向平地先
(ぐんまけん とねぐん みなかみまち あのうがわ あざさんのむかいだいら ちさき)

3 落下したコンクリート片

最大寸法:約6cm×約10cm×約2.5cm 計約500g

4 落下原因

現在、落下原因を究明中ですが、経年劣化によりコンクリートがはく離したものと推察されます。

5 当該橋梁の対応

現在、当該橋梁の緊急点検を実施しており、4月10日(水)に完了する予定です。

【状況写真】
状況写真