NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

道央自動車道 幌内川橋からのコンクリート片落下について

道央自動車道 幌内川橋からのコンクリート片落下について

平成26年5月7日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)が管理する道央自動車道の幌内川(ほろないがわ)橋において、コンクリート片が落下する事象が発生しました。これによるけが人や物損などの第三者被害はありません。

当社では、直ちに当該個所の緊急点検を行い、安全性に問題のないことを確認しております。近隣の皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

1 発見経緯

平成26年5月6日(火)午前7時15分頃、現場付近を通行されていた方からコンクリート片が落下していると連絡を受けた苫小牧警察署より当社へ連絡があり、現地にてコンクリート片を確認しました。

2 発生場所

道央自動車道 苫小牧西インターチェンジから苫小牧東インターチェンジ間の幌内川橋(上り線)
苫小牧市道オテーネ道線と交差する個所(上りS53.6KP付近 開通年月日昭和55年10月29日)
地先名:北海道苫小牧市高丘(ほっかいどう とまこまいし たかおか)

3 落下したコンクリート片

最大寸法:約8㎝×約6㎝×約3㎝ 110g、 合計重量 約600g

4 破損原因

現在、原因を究明中ですが、コンクリート内にしみ込んだ水分によって鉄筋が腐食しコンクリート内で膨張したことにより、コンクリートがはく離・落下したものと推察されます。

5 当該橋梁の対応状況

事象発生に伴い緊急点検を5月6日に実施し、安全性に問題のないことを確認しております。

【位置図】
位置図
【状況写真】
状況写真