NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

北陸自動車道 上輪橋からのコンクリート片落下に
ついて

北陸自動車道 上輪橋(あげわばし)からのコンクリート片落下について

平成26年6月13日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

NEXCO東日本 新潟支社(新潟市中央区)が管理する北陸自動車道の上輪(あげわ)橋において、コンクリート片が落下する事象が発生しました。これによるけが人や物損など第三者被害はありません。

現在、当該橋梁と並行する市道16-83号にガードマンを配置し、通行時の安全確保に努めた上、同様の事象が発生しないよう、橋梁の緊急点検を行っております。近隣の皆さまには、ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

1 発見経緯

平成26年6月13日(金)15時35分頃、近隣住民の方から当社管理事務所へ、コンクリート片が落下していたとの通報があり、当社グループ社員が現地にてコンクリート片を確認しました。

2 発生場所

北陸自動車道の柿崎インターチェンジから米山インターチェンジ間の上輪橋(上り線)
柏崎市道16-83号線(上り線 382.5kp付近 開通年月日 昭和58年11月9日)
住所:新潟県柏崎市大字上輪字天竺屋敷
(にいがたけん かしわざきし おおあざ あげわ あざ てんじくやしき)

3 落下したコンクリート片

最大寸法:約15cm×約8cm×約3cm 420g 合計重量 約2.5kg

4 落下原因

現在、原因を究明中ですが、経年劣化によりコンクリートがはく離し、落下したものと推察されます。

5 当該橋梁の対応

現在、当該橋梁の点検を実施しており、6月15日(日)に完了する予定です。

【位置図】

位置図

【状況写真】

状況写真