NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

GW期間中の高速道路において死亡事故が多発しています!

GW期間中の高速道路において死亡事故が多発しています!

  • 全部の座席でシートベルト着用!
  • 疲れを感じたら早めの休憩を!
  • 十分な車間距離と安全な速度で!

GW期間中の死亡事故

道路 概要
磐越道
(新潟県内)
下り線を走行中の自動二輪車がガードレールに衝突。運転されていた方が死亡。
東北道
(岩手県内)
平泉前沢付近の下り線を走行中の軽自動車が中央分離帯に衝突後、ワンボックス車に衝突。軽自動車を運転されていた方が死亡。
上信越道
(新潟県内)
上り線を走行中の軽自動車が中央線を突破し、下り線を走行中の普通乗用車と衝突。軽自動車を運転されていた方が死亡。
常磐道
(福島県内)
上り線を走行中の普通乗用車が中央線を突破し、下り線を走行中の大型バスと衝突。普通乗用車を運転されていた方と同乗者が死亡。
関越道
(埼玉県内)
上り線を走行中のワゴン車が、走行車線停止中の小型貨物車に衝突。ワゴン車の同乗者2名が死亡。

東日本高速道路株式会社が管理する高速道路において、2016年5月1日から5月6日までに、5件の交通死亡事故が発生し、7人の尊い命が失われました。

運転をされる際はすべての座席でシートベルトを着用し、疲れを感じたら早めに休憩施設で休憩や仮眠をとりましょう。また、前方車両との十分な車間距離をとって、安全速度で走行しましょう。

あわせて、自動二輪車による事故が多発する時期をむかえています。交通状況・気象状況をしっかりと 把握して、ゆとりのある走行をお願いします。