NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

秋の交通安全キャンペーンを実施します

秋の交通安全キャンペーンを実施します

~全席シートベルト着用、夕暮れ時の早めのライト点灯を呼びかけます~

平成28年9月21日
東日本高速道路株式会社
関東支社

NEXCO東日本 関東支社(埼玉県さいたま市)は、秋の全国交通安全運動期間中に高速道路交通警察隊及び高速道路交通安全協議会などの関係機関と合同で「秋の交通安全キャンペーン」を実施します。

NEXCO東日本全体の死亡事故の発生状況は、今年8月で7件、9月※は5件発生と増加傾向にあります。(※9月15日現在・NEXCO調べ)

漫然運転・居眠り運転防止のため、疲れを感じたらサービスエリアで早めに休憩するなど、安全運転をお願いします。

交通安全キャンペーン

【実施期間】
平成28年9月21日から9月30日まで
【開催場所】
NEXCO東日本関東支社管内の休憩施設などで実施
※場所・日時等の詳細については、別紙【PDF:66KB】PDFへリンクをご参照ください。

  • 発炎筒の着火体験
    発炎筒の着火体験
  • 落下物の展示
    落下物の展示
  • 当社のマナーアップキャラクター「マナーティ」も来るよ。
    当社のマナーアップキャラクター
    「マナーティ」も来るよ。
  • パトカーやパトロールカーの展示
    パトカーやパトロールカーの展示
  • 実施内容は、各キャンペーンによって異なります。
    事前に別紙のキャンペーン内容をご確認のうえお越しくださいますようお願いします。
  • 天候などにより、急きょキャンペーンを中止させていただく場合があります。
    あらかじめご了承ください。

今回の重点テーマは2つ!!

  1. 命を守るシートベルト 全席でシートベルトを着用しましょう!
  2. 秋は日暮れが早くなります。早めにヘッドライトを点灯しましょう!

1 シートベル非着用による事故は、死亡事故に繋がる危険性が高まります。

万一に備え全席シートベルト着用の徹底をお願いします。

高速走行で衝突した場合、シートベルトをしていないと体が車内で振り回され、開いたドア、割れたガラス部分、場合によっては前や後ろのガラスを突き破って、車外に放出されることがあります。

車外放出されると、路面への落下時の衝撃や後続車にはねられるなど、死亡に至る可能性が高まり、また同乗者との衝突により、怪我をさせてしまう可能性があります。

万一に備え全席シートベルト着用の徹底をお願いします。

~知っていましたか? 全席シートベルトの着用義務~

後部座席のシートベルト着用は義務付けられており、高速道路等においては、運転者に違反点数1点が付されます。

2 秋は日暮れが早くなります。早めにヘッドライトを点灯しましょう。

昼間に比べて夕暮れ時の事故件数は約1.7倍に増加します。ヘッドライトの点灯は、前方を照らす役割ほか、周りの車に自分の存在を知らせる役割もあります。16時になったらヘッドライトを点灯し、事故防止に努めましょう。

また、トンネルの中や濃霧・雨天時など、200m先(一般道は50m先)が見えない場合は、たとえ昼間であってもライトを点灯しましょう。

  • 夕暮れ時ちょっと早めにライト・オン
  • 9月・10月の高速道路での事故発生状況

NEXCO東日本からのお願い

守ってください。5つの約束!
守ってください。5つの約束!
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。