NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

【C4】首都圏中央連絡自動車道 菅生トンネルにおける非常用設備の誤動作について

C4首都圏中央連絡自動車道 菅生トンネルにおける非常用設備の誤動作について

平成29年8月29日
東日本高速道路株式会社
関東支社

NEXCO東日本関東支社(さいたま市大宮区)は平成29年8月28日23時46分にC4首都圏中央連絡自動車道 菅生トンネルにおいて、非常用設備の誤動作により「トンネル内進入禁止」措置を実施し、多くのお客さまにご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

1 発生事象

今回の事象は、首都圏中央連絡自動車道 日の出IC~青梅IC間にある菅生トンネルにて非常用設備の誤動作が発生し、トンネル内進入禁止措置を外回りで23時46分~23時49分の3分間、内回りで23時46分~23時49分の3分間実施したものです。

現場を確認した結果、火災等は発生しておらず誤動作と判明したものです。

この影響により、多くのお客さまにご迷惑をおかけしました。

2 今後の対応

現在、誤動作が発生した非常用設備について、誤動作の原因を詳細調査中であり、原因が特定されしだい適切な対応を図ってまいります。