NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

冬用タイヤ装着状況調査の結果を公表します(第1弾)

冬用タイヤ装着状況調査の結果を公表します(第1弾)

~ 間もなくの降雪に備え、冬用タイヤへの早期交換をお願いします! ~

平成28年10月20日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、間もなく到来する降雪期を迎えるにあたり、早期に冬用タイヤへの交換を喚起するため、高速道路における冬用タイヤの装着状況調査結果を公表いたしますので、お知らせします。いつ降雪があっても慌てないよう、早めの冬用タイヤへの交換をお願いします。

本調査は装着率が80%程度になるまで実施する予定で、結果を定期的にお知らせします。

1 調査結果

調査箇所(※) 調査日/冬用タイヤ装着率
【第1回】
10月3日
【第2回】
10月11日
【第3回】
10月17日
【昨年(H27)調査】
10月19日
道央道 大沼公園IC付近市街地 4.2% 12.0% 19.2% 16.7%
室蘭IC付近市街地 11.3% 8.3% 28.6% 2.9%
苫小牧東IC付近市街地 4.8% 15.9% 6.5% 17.1%
北広島IC付近市街地 0.0% 17.9% 6.9% 4.7%
岩見沢IC付近市街地 0.0% 5.6% 32.7% 8.0%
旭川鷹栖IC付近市街地 0.0% 21.4% 14.0% 9.7%
札樽道 朝里IC付近市街地 10.9% 5.9% 23.5% 7.6%
道東道 音更帯広IC付近市街地 8.6% 10.2% 0.0% 2.1%
十勝清水IC付近市街地 8.3% 18.2% 77.3% 51.3%
  全体 5.5% 12.3% 19.5% 10.%
※調査場所は、各インターチェンジ(IC)付近の商業施設等の駐車場で実施しています。
H27~H28年度の平均冬用タイヤ装着率比較
 調査結果から見る傾向としては、すでに道内の峠で積雪が観測されているためか、例年に比べると早めに冬用タイヤに交換をされているお客さまが増えてきているといえます。しかしながら、まだ割合としては低いため、早めの冬用タイヤの装着をお願いいたします。
調査の実施方法

<調査予定日>

11月7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
※調査結果の冬用タイヤ装着率が全ての調査個所で80%を超えた時点で終了いたします。

<実施場所>

下記IC付近の一般道に面する商業施設等の駐車場
道央自動車道 大沼公園IC、室蘭IC、苫小牧東IC、北広島IC、岩見沢IC、旭川鷹栖IC
札樽自動車道 朝里IC
道東自動車道 音更帯広IC、十勝清水IC

<調査方法>

・商業施設等の駐車場において、駐車している車両のタイヤ種別を、調査員が目視で確認
・1回あたり、60分程度の確認

<調査結果>

調査実施日の翌週に公表します。
※調査日の変更等の理由により、予告なしに変更することがあります。

2 NEXCO東日本北海道支社からのお願い

  • 『降雪・路面凍結前に早めの冬用タイヤ装着』をお願いします。
     夏用タイヤは積雪・凍結路面でスリップを起こしやすく、重大な事故につながる可能性がありますので、早めの冬用タイヤ装着をお願いします。
  • 『雪道での運転はスピード控えめ安全運転』をお願いします。 参考資料1【PDF:95KB】PDFへリンク
     シーズン初めの雪道は、雪道運転の感覚が戻っていないので、冬用タイヤを装着していても、車間距離を十分取ってスピードを控えめに。急ハンドル、急ブレーキなどの操作は行わず、安全運転をお願いします。
  • 『お出かけ前もお出かけ中もこまめな情報収集』をお願いします。
     冬の高速道路は天候が急変します。お出かけ前はもちろん、お出かけ中も道路情報や気象情報などの情報をこまめに確認し、ゆとりある運転をお願いします。
     NEXCO東日本の情報サイト『ドラぷら』では、渋滞予測や冬の高速道路講座などの情報を適用しています。また、『ドライブトラフィック(ドラとら)』では高速道路の気象(雪道)予測や路面状況(雪道ライブカメラ)の情報を提供しております。
    ドラぷらアドレス外部リンク:別ウィンドウ表示
    ドラとらアドレス外部リンク:別ウィンドウ表示
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。