NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

春の全国交通安全キャンペーンの実施について

春の全国交通安全キャンペーンの実施について

~春先の事故は「わき見」「ハンドル操作ミス」が約8割!~

平成29年3月29日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、春の全国交通安全運動期間(4月6日~15日)に合わせ、北海道警察などの関係機関と合同で、「春の全国交通安全キャンペーン」を行います。

春先は、運転中、景色に気をとられたり、気温の温かさから少しウトウトしてしまったり、雪解けの解放感からスピードを出し過ぎることがあります。本キャンペーンでは、道内各地の高速道路で地域のキャンペーンガールやキャラクターと協力し、これらを原因とした事故の防止や天候の急変に備えた冬装備の用意など、季節に即した安全運転の呼びかけを行います。

1 実施日時

~NEXCO東日本北海道支社管内において実施する交通安全キャンペーン~
月日 時間 実施場所 参加人数 管理事務所
4月6日(木) 9:30~10:30 道央自動車道
輪厚PA(苫小牧方面・札幌方面)
約30名、マナーティ 札幌
9:30~10:00 道東自動車道
音更帯広IC(入口)
約50名、マナーティ
とかち青空レディ
帯広
14:00~14:30 道東自動車道
十勝平原SA(札幌方面)
約10名、
とかち青空レディ
14:00~14:30 道東自動車道
占冠PA(帯広方面)
約10名、マナーティ
とかち青空レディ
10:00~11:00 道央自動車道
旭川鷹栖IC(入口)
約30名 旭川
12:00~13:00 道央自動車道
砂川SA(札幌方面)
約10名
11:00~12:00 道央自動車道
有珠山SA(函館方面・室蘭方面)
約10名 室蘭
4月7日(金) 10:30~11:30 道央自動車道
苫小牧西IC(入口)
約20名、マナーティ
とまチョップ、
ハスカップレディ
苫小牧
4月8日(土) 9:00~18:00 アクセス札幌
「軽自動車フェア」
約5名、マナーティ 北海道支社
4月10日(月) 11:00~11:30 道央自動車道
岩見沢SA(旭川方面)
約20名、マナーティ 岩見沢
4月11日(火) 12:00~13:00 道央自動車道
八雲PA(集約・両方向)
約10名、マナーティ 室蘭
  • IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア、PA:パーキングエリア
  • 4月8日(土)は、札幌地区軽自動車協会が主催する「軽自動車フェア」での呼びかけとなります。

2 実施内容

交通安全啓発チラシ、リーフレットやグッズを配布しながら交通安全を呼びかけます。

苫小牧エリアでは、苫小牧西ICで「ハスカップレディ」や「とまチョップ」と協力し、高速道路をご利用のお客さまに安全運転をお願いします。

道東エリアでは、現在も通行止めが続く国道274号の代替路である道東道の交通を死守すべく、音更帯広IC・十勝平原SA・占冠PAの3箇所で北海道十勝総合振興局、占冠村、「とかち青空レディ」と協力し、安全運転を訴えかけます。

  • 当社マナーアップキャラクター「マナーティ」もキャンペーンに参加します。
    当社マナーアップキャラクター
    「マナーティ」もキャンペーンに参加します。
  • 地域のキャンペーンガールやキャラクターも参加します。(左:とかち青空レディ、右:苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」
    地域のキャンペーンガールやキャラクターも参加します。
    (左:とかち青空レディ、右:苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」

3 今回の重点啓発ポイント

  1. わき見運転注意・・・・前方を注視して早めの危険察知、運転中のスマートフォン等の操作厳禁
  2. 居眠り運転防止・・・・SA・PAで早めの休憩
  3. スピードダウン・・・・スピードダウンで安全運転
  4. シートベルト着用・・・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用
  5. 逆走注意・・・・・・・注意標識・路面表示で進行方向確認
  6. 飲酒運転の根絶
下図:平成28年4~6月の事故発生状況(NEXCO東日本北海道支社調べ)
平成28年4~6月の事故発生状況(NEXCO東日本北海道支社調べ) その他20% ハンドル操作ミス29% わき見運転51% 「わき見」と「ハンドル操作ミス」で約8割の事故が発生!

例年、4月から6月の春先にかけては「わき見による事故」や「ハンドル操作ミス」による事故が多く発生しています。雪がなくなり路面状況がよくなると、ついついスピードを出し過ぎ、わずかな不注意により大きな事故を引き起こす可能性があります。運転中は集中して、ゆとりある走行計画を立てましょう。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。