NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

「つくば牛久IC」から「阿見東IC」が3月10日に開通

一般国道468号  首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
「つくば牛久(うしく)IC(インターチェンジ)」から「阿見東(あみひがし)IC(インターチェンジ)」が3月10日に開通

平成19年2月1日
国土交通省 関東地方整備局 常総国道事務所
東日本高速道路(株) 関東支社 水戸工事事務所

3環状 次々開通。2007年は茨城圏央道からスタート。

国土交通省常総国道事務所と東日本高速道路(株)水戸工事事務所が、共同で整備を進めてきました茨城県内の圏央道のつくば牛久ICから阿見東ICまでの12kmが開通することになりました。

  • 開通日時:平成19年3月10日(土曜日) 15時
  • 開通区間:つくば牛久(うしく)IC から阿見東(あみひがし)ICまでの延長12km

今回の開通に伴い、つくば~成田等のアクセスが向上することによって、国際交流の増進や工業、観光などの地域産業の振興に大きく寄与します。

  • 開通をにらみ、企業進出が顕著!
    阿見東ICからアクセスが良い「阿見東部工業団地」へは、ここ半年で次々と企業の進出が決定し、約300人規模の新規雇用が創出される見込みです。
  • 開通を契機に、沿線地域が連携した観光客誘致を検討!
    牛久市では、今回の開通を契機につくば、土浦地域と連携した周遊ルートの設定を検討するなど、沿線自治体では更なる観光客増加に期待しています。

さらに、茨城圏央道は、2012年度全線開通を目指し続々開通していきます。

  • 茨城県内にもたらす経済効果は絶大!
    茨城県内の圏央道全線が完成すれば、茨城県内の農業・工業・観光など産業の競争力が強化し、県内への経済波及効果は10年間で約4,600億円に達します。

(参考)

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。