NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

新潟県内で交通死亡事故が多発

新潟県内で交通死亡事故が多発

平成23年5月19日
(平成23年12月27日最終)
東日本高速道路株式会社
新潟支社

新潟県内の高速道路では、交通死亡事故が多発しています。

今年に入って15名の方がお亡くなりになっております。

昨年1年間に高速道路上の交通事故でお亡くなりになられた方は2名でしたので、これは大変な事態だと言えます。(※平成23年12月27日現在)

【平成23年の新潟県内での死亡事故】
1月10日 日東道で3名死亡(ワゴン車)
5月8日 関越道で1名死亡(2輪車)
5月14日 関越道で2名死亡(軽自動車)
5月18日 磐越道で1名死亡(普通車)
5月21日 北陸道で1名死亡(普通車)
7月4日 北陸道で1名死亡(普通車)
7月8日 北陸道で1名死亡(軽自動車)
9月23日 日東道で1名死亡(2輪車)
10月12日 関越道で1名死亡(大型車)
10月14日 磐越道で1名死亡(大型車)
12月3日 関越道で1名死亡(普通車)
12月27日 上信越道で1名死亡(普通車)

車内の物を取ったり、携帯電話に気をとられるなどの一瞬の前方不注意が事故につながります。

また、前方で発生している事故への対応ができずに死亡事故につながった例もあります。

スピードは控えめに、予期しない事態に対処できるように車間距離を充分に取ってください。

また、疲れによる注意力の散漫や一瞬の居眠りが事故につながることもあります。
疲れや眠気を感じたら絶対に無理をせず、サービスエリアでリフレッシュをしてください。

全席でのシートベルトやチャイルドシートの着用、お車の事前点検などもお忘れなく。

安全・安心なドライブを、心よりお願いいたします。